長浜市木之本の観光スポット5選!桑酒から賤ケ岳、紅葉を楽しもう

画像出典:commons.wikimedia.org

長浜市木之本の観光スポット5選!桑酒から賤ケ岳、紅葉を楽しもう

滋賀県と聞くと、真っ先に「琵琶湖」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ですが、見どころは琵琶湖だけでなく、自然や特産物、史跡など知れば知るほど深みのあるものばかり。

今回は「滋賀県長浜市木之本」に焦点をあて、見どころ楽しさ満載の観光スポットを厳選してみました。「軍師官兵衛」ゆかりの地であり、黒田如水柿や桑酒などの特産物も味わってくださいね。そんな木之本の観光スポットや楽しみ、グルメ、お土産までわくわく過ごせるスポットをご紹介していきます。

目次

長浜市木之本の観光スポット5選!桑酒から賤ケ岳、紅葉を楽しもう

目次を閉じる

1.JR木之本駅の構内で農産物や名産品が買える「ふれあいステーションおかん」

「黒田如水柿」「章姫いちご」をはじめ、スイーツ、お酒、旬の採れたて野菜からお土産まで滋賀県長浜市木之本の名産品を揃えて観光客を喜ばせてくれる「ふれあいステーションおかん」。JR木之本駅の1階構内にあり、近隣・地元の人々が農産物をはじめとする品々を持ち寄って販売しています。美味しい旬の食材を新鮮なままお土産として購入できることから、木之本へきた観光客にも好評のスポット。

なかでもNHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送で注目されたのが「黒田如水柿」です。ここ木之本は「軍師官兵衛」のゆかりの地。「黒田如水柿」は普通の柿と比べると値段は少し高めですが、口にいれた瞬間に甘さがじゅわっと口の中に広がる絶品の柿です。その時その時で陳列されている商品は変わるので、旬な食材を満足いくまで吟味して買い物を楽しめます。

2.歴史ある桑酒の蔵元「山路酒造」

お土産や贈答品として人々から親しまれる木之本の桑酒。餅米、麹、桑の葉で醸造した味わいは、ほのかなニッキの香りと口触りの良さが特徴。綺麗な琥珀色の桑酒は食前酒にもぴったりなひと品です。氷をいれたり、冷やして飲むと美味しさが増す唯一無二のお酒。明治から昭和にかけての詩人であり小説家の「島崎藤村」も桑酒を愛した一人で、桑酒を何度も注文する藤村自筆の手紙が残っているほど。近隣の高月町出身の「雨森芳州」も桑酒を好んだと言われています。

桑を用いて酒を造るように、という夢のお告げから作られるようになったとされる歴史ある桑酒。滋養強壮、疲労回復に良いとされ、街道をゆく旅人にも親しまれ好まれた名酒です。桑酒のほか、桑酒を使用したスイーツのレパートリーも豊富。バターケーキに桑酒をたっぷりとしみこませ、ふんわりしっとりとした食感の「桑酒ケーキ」や、桑酒とオレンジの香りが食欲をそそる優しい味わいの「桑酒マドレーヌ」など、大人も楽しめるスイーツがそろっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

長浜市でおすすめの記事

長浜市のアクセスランキング