水無瀬神宮の観光情報|名水百選のある神社とは?

水無瀬神宮の観光情報|名水百選のある神社とは?

大阪府内にある歴史ある神社、水無瀬神宮の観光情報についてご紹介します。

水無瀬神宮は平安時代、当時の天皇家によって別荘として使われていた離宮です。2022年現在は大阪で唯一神宮号を称する神社となっています。
 
緑に囲まれつつもすぐ側は住宅街。そんなイメージを忘れるほど神秘的で穏やか空間が広がる境内が魅力的です。

水無瀬神宮とはどんなどころなのでしょうか?より深掘った情報を以下からチェックしてください。

目次

水無瀬神宮の観光情報|名水百選のある神社とは?

水無瀬神宮の観光情報

水無瀬神宮 観光

水無瀬神宮は大阪府の北東に位置しています。京都府との府県境近くにある神社で、山崎の合戦で知られる京都府の大山崎は徒歩圏内です。

水無瀬神宮に祀られる主祭神は「後鳥羽上皇」「土御門天皇」「順徳天皇」で、いずれも平安時代から鎌倉時代を生きた天皇であり、神宮内には「後鳥羽天皇像」を始め主祭神に関係する国宝・重要文化財や美術品が多数保管されています。

緑に囲まれた境内

水無瀬神宮は住宅街の中にある神宮ながら、境内の四方は緑に囲まれており、四季折々で周辺の空気もまた変わります。

季節を楽しめるイベントも開催されており、夏には多くの風鈴に願いを書いた短冊を載せて災いを祓う「招福の風」。秋には境内のあちこちで紅葉を楽しむことができ、日の差し込み次第で美しさが変わり飽きることがありません。

文化財による催しにも注目

水無瀬神宮に所蔵された文化財の特別拝観、「風と光と文化財の融合展」も注目すべきイベントです。
 
イベントでは、夕方ごろに貴重な文化財を拝観します。美しく優しい灯りに包まれ、息を呑むような美しさを堪能できるでしょう。

前述した「招福の風」と同時期開催であり、灯りをバックにした風鈴もまた神秘的です。

※コロナ感染防止の観点から開催中止・または日程の延期も想定されます。事前に開催状況を確認しておくのが確実です。

水無瀬神宮は名水百選の観光地?

水無瀬神宮 観光

水無瀬神宮の境内には、名水百選にも選出された「離宮の水」があり、こちらも昭和・平成それぞれの名水百選を見ても大阪唯一選出された水となっています。

もともとは「神饌(神への捧げもの)」として使われていた水で、その水質は良好。現在もこの水を楽しみに訪れる観光客も多くなっています。持ち帰る際はマイボトルを持参しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の大阪行き格安航空券

大阪でおすすめの記事

大阪のアクセスランキング