しろくま(白熊)とは?鹿児島名物のビッグで甘いかき氷

画像出典:ぽへっとまうす / PIXTA(ピクスタ)

しろくま(白熊)とは?鹿児島名物のビッグで甘いかき氷

「しろくま」(白熊、白くま)は、鹿児島県鹿児島市で生まれた氷菓です。超ド級の大きさのかき氷にフルーツが載り、特製のミルクがかけられたさまは訪れた人を驚かせます。

鹿児島市天文館の「むじゃき」が発祥の店ですが、元祖「むじゃき」の他にも今では鹿児島中で提供する店が存在します。
今回はそんな「しろくま」の魅力に迫ってみましょう。

目次

しろくま(白熊)とは?鹿児島名物のビッグで甘いかき氷

目次を閉じる

しろくま(白熊)とは?

「しろくま」は、店によっては「白熊」や「白くま」の表記が使われることもあり、「しろくま」発祥の「天文館むじゃき」では漢字表記の「白熊」が使われています。

「しろくま」が産声を上げたのは終戦直後の1947年のことです。「天文館むじゃき」の創業者である久保武氏の考案で発案され、1949年に発売開始。
発売当時はシンプルなものでしたが、ミルクの改良が行われ、フルーツが載せられるようになりました。

ちなみに「しろくま」という名前はアンゼリカ、チェリー、レーズンを盛り付けたものを上から見ると「白熊」の顔に似ていることが由来です。

しろくま発祥の店「天文館むじゃき」

天文館むじゃき本店(画像左)

出典: CPG / PIXTA(ピクスタ)

鹿児島の「しろくま」(白熊)を語る上で元祖は外せませんよね。
上記画像左にある「天文館むじゃき」は鹿児島一の繁華街天文館に本店を構えます。

天文館本店1階には「白熊菓琲 shirokuma cafe」、2階には「カジュアルレストラン Mujyaki」があります。
カジュアルさや料理のメニューの内容は異なりますが、どちらの店舗でも「しろくま」は味わえます。

▼ボリューミーな「しろくま」(白熊)に大満足

「しろくま」には「レギュラー」と「ベビーサイズ」の2種類があります。とてもボリューミーなため、一回り小さい「ベビーサイズ」でも満足する人が多数います。

また、バリエーションも豊富で、抹茶味の「宇治金時」やフルーツがたくさん載った「スペシャル白熊」など多数ありますよ。いくつかシェアして味を比べあうのも面白いかもしれませんね。

▼アミュプラザ鹿児島地下に「むじゃき」の支店がある

「天文館むじゃき」は、鹿児島中央駅の地下、アミュプラザ鹿児島に支店を持ちます。元祖の「しろくま」(白熊)の氷削りたては、本店とここでしか味わえません。

「しろくま」(白熊)のほかにも鉄板焼きもあり、焼きそばの麺からお好み焼きのソースに至るまで市販の物は一切使用しないというこだわりぶりです。

鉄板焼きでホットになった体を「しろくま」(白熊)で冷やすのもおすすめですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ホテル予約、クーポン付きの今こそ鹿児島の旅キャンペーン開催中!

skyticketならこんなにおトク!

最新の鹿児島市行き格安航空券

鹿児島市でおすすめの記事

鹿児島市のアクセスランキング