【秩父・皆野】美の山公園とは? | 四季折々の花・夜景・雲海を楽しもう

画像出典: genki / PIXTA(ピクスタ)

【秩父・皆野】美の山公園とは? | 四季折々の花・夜景・雲海を楽しもう

埼玉県秩父郡皆野町にある「美の山(みのやま)公園」は秩父地方唯一の独立峰、蓑山にある絶景スポットです。

「ソメイヨシノ」や「ヤマザクラ」といった桜の名所として知られていますが、「ツツジ」や「アジサイ」といった四季を彩る花々が咲き、私たちの目を楽しませてくれます。

また、この美の山公園は秋になると雲海が発生しやすく、運が良ければ秩父市街の街並みが雲海に透けて「輝く雲海」を見ることができます。

素敵な表情を見せる美の山公園の魅力や雲海の情報、アクセスを解説いたします。

目次

【秩父・皆野】美の山公園とは? | 四季折々の花・夜景・雲海を楽しもう

美の山公園とは?

美の山公園の桜

出典: kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

美の山公園は埼玉県西部の秩父市と皆野町に跨って聳える蓑山の山頂部にある41ヘクタールの公園です。

公園内は9か所のエリアがあり、「花の森」や「アジサイ園地」や「芝生ゾーン」、「ツツジ園地」といった具合に区分けされています。
それぞれの季節ごとに訪れるエリアを変えてみてもいいでしょう。

そして、美の山公園の中には3か所の展望台が整備され、3つの方向に向かって景色を眺めることができます。

美の山公園の花々

美の山公園は、春には大山桜をはじめとした桜、夏にはアジサイ、秋には紅葉というように様々な花が咲き、春夏秋冬いつ来ても楽しいスポットです。
桜だけでも「花の森」の区画に約60種200本が植樹されています。
季節ごとに違った趣を見せるので、美の山公園に足しげく通うリピーターもいますよ。

美の山公園の雲海

秩父市街が宝石箱みたいである

出典: まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

美の山公園は日本夜景百選に埼玉県で唯一選ばれています。夜になれば展望台から秩父盆地の街灯りを見渡せる絶景が広がり、人々を楽しませてくれます。

そして、運が良ければ雲海を見ることもできます。春から初夏と秋に多く発生しますが、雨の日の次の良く晴れた朝が眺められるチャンスです。

第1駐車場の脇に「入口展望台」があり、西側の秩父市街が良く見渡せます。
しかし、雲海を思い切り楽しみたい人におすすめは「山頂展望台」でしょう。宝石箱を開いたような雲海と早朝の街灯りは一見の価値ありですよ。

なお、公園内に街灯はないので、注意して歩きましょう。

ただし、雲海が観測できそうな日は第1駐車場がすぐに車で埋まるので、少し離れた第2駐車場を利用しましょう。

美の山公園へのアクセス

アジサイと雲海(美の山公園)

出典: はすまん / PIXTA(ピクスタ)

美の山公園付近には路線バスが走っていません。秩父鉄道の和銅黒谷駅から3kmほど歩くか、タクシーが必須です。

もっとも、雲海が見られる時間帯には電車も動いていないことが多いので自家用車かレンタカーがおすすめです。第1駐車場は18台しか止められないので、駐車場は第2駐車場がおすすめです。

埼玉県でのレンタカーはこちら

▼レンタカー・自家用車でのアクセス

美の山公園は、関越自動車道の「花園IC」より約40分、国道140号線のそばにあります。飯能方面からは国道299号線利用も便利ですよ。

▼和銅黒谷駅までのアクセス

秩父鉄道和銅黒谷駅

出典: ilovealpha / PIXTA(ピクスタ)

西武池袋駅から特急「ちちぶ」や横浜方面からの「S-TRAIN」で西武秩父駅へ行き、徒歩5分ほどの秩父鉄道御花畑駅から長瀞駅方面へ乗車します。

また、土休日の朝には飯能駅から和銅黒谷駅を経由する長瀞駅行きの直通列車があるので、それに乗れば西武秩父駅で乗り換えずに済みます。

その他に東武東上線の寄居駅、上越・北陸新幹線の熊谷駅からも秩父鉄道の列車に乗り継げます。

▼皆野周辺のスカイチケット観光ガイド

◎美の山公園のまとめ

雲海と夜景

四季折々の花と夜景、それに雲海が印象的な美の山公園。
東京からも近いので、四季折々の表情を1度のみならず、何度も訪れてみてはいかがでしょうか。
そして、蓑山が「美の山」とかかれる理由を公園の隅々まで観察してみるのも楽しいですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

皆野でおすすめの記事

皆野のアクセスランキング