【豊見城】海軍壕公園の旧海軍司令部壕で沖縄戦と平和を考えよう

画像出典:Yama / PIXTA(ピクスタ)

【豊見城】海軍壕公園の旧海軍司令部壕で沖縄戦と平和を考えよう

沖縄県那覇市と豊見城市の境界付近に位置する海軍壕公園。その中の旧海軍司令部壕は、第二次世界大戦中、沖縄戦で海軍中将大田実により海軍の指揮が執られた場所です。当時は軍事上の最高機密機関でした。戦争末期になると住民を巻き込んだ地上戦となり、多数の死者を出したほか、ここでも自決が行われました。今では旧海軍司令部壕を含め公園として一般開放。平和の尊さを学べますよ。

那覇行きの格安航空券はこちら  
沖縄県でのレンタカーはこちら
航空券とホテルがセットでお得な国内ツアーはこちら

目次

【豊見城】海軍壕公園の旧海軍司令部壕で沖縄戦と平和を考えよう

海軍司令部壕とはどのような場所?

ヒバンムイという施設があった

出典: ☆ムヒカ☆ / PIXTA(ピクスタ)

海軍壕公園は、もともと琉球王国の「ヒバンムイ」という薩摩や中国からの船が入港してくることを知らせる施設でした。この海軍壕公園の展望台からは東シナ海の慶良間諸島まで見渡すことができます。

時は流れて第2次世界大戦中、ここに海軍司令部が当時軍事機密で小禄飛行場(今の那覇空港)を守るために建設されることになりました。約3,000人の将兵が掘削作業に従事したとされています。指揮を執った大田実海軍中将をはじめとして約4,000人の日本兵がこの壕で過ごし、当時は相当な「密」で過ごしていました。

1945年4月に米軍が上陸した後、手違いで陸軍との合流ができずに海軍は孤立した戦闘を続けることになりました。そして、1945年6月13日に自決する運びとなったのです。

旧海軍司令部壕の入場料・営業時間は?

2021年3月末までの入場料

2021年4月より入場料金が改定されます

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の那覇行き格安航空券

那覇でおすすめの記事

那覇のアクセスランキング