【辺戸岬】海の向こうは鹿児島県!沖縄本島最北端の絶景を堪能

画像出典:Turner Nonoyama / PIXTA(ピクスタ)

【辺戸岬】海の向こうは鹿児島県!沖縄本島最北端の絶景を堪能

南端の喜屋武岬(きやんみさき)から始まった沖縄本島。その北の果てに当たるのがこの辺戸岬(へどみさき)です。海を隔てた向こうは鹿児島県。晴れている日には与論島が良く見えますよ。この地は1953年から1972年まで国境でした。そのため、多くの人が祖国である日本への復帰を願ってこの地を訪れました。1972年に沖縄が日本に返還されてからもこの断崖絶壁の岬に向かう人は少なくありません。数々のモニュメントもあり、「沖縄の果て」を実感できますよ。

沖縄/那覇行きの格安航空券はこちら
航空券とホテル、レンタカーがセットでお得な国内ツアーはこちら
沖縄から与論島へのマルエーフェリーのご予約はこちら
※時刻表・運賃・料金・情報は2021年3月現在。

目次

【辺戸岬】海の向こうは鹿児島県!沖縄本島最北端の絶景を堪能

目次を閉じる

辺戸岬はレンタカーでないと到達困難!

辺戸岬へはレンタカーで行くのが一般的。国道58号で名護から1時間15分ほど。ちなみに那覇から名護が1時間10分なので、那覇からいかに離れているかがお分かりいただけると思います。

路線バスもありますが、名護からは67番バスに乗り、終点1つ手前の辺士名で「奥」行きに乗り換えです(67番の終点の辺士名バスターミナルまで行かないように)。10:00と11:00発(15:00発と18:10発は予約不要。18:10発は冬季は17:30発。)は予約制なので、村役場に電話(電話:0980-41-2101)して予約する必要がありますよ。15:00のバスで向かったとしても、辺戸岬での滞在可能時間は約1時間です。波戸岬発16:34のバスが辺士名行きの最終なのであまりゆっくり観光することができません。もし可能ならば那覇や名護からレンタカーでの訪問をおすすめします。

沖縄県でのレンタカーはこちら

昔はここが国境だった!「日本祖国復帰闘争碑」

昔はここが国境だった

出典: tomocchi.m92f / PIXTA(ピクスタ)

辺戸岬の向こうの海に浮かぶ与論島はもう鹿児島県。今でこそ両島はマルエーフェリーやマリックスライン、飛行機で沖縄と与論島は行き来できます。しかし、ここは奄美群島が日本復帰を果たした1953年から、沖縄のアメリカ統治下からの日本復帰を果たした1972年までここに国境線が引かれていたのです。この「日本祖国復帰闘争碑」は、沖縄が日本に復帰した1972年に建立されました。

目の前にあるにもかかわらずパスポートがないといけなかった「日本」に思いをはせていた場所。それが辺戸岬なのです。

対岸の与論島のskyticket観光ガイドはこちら

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の国頭村行き格安航空券

国頭村でおすすめの記事

国頭村のアクセスランキング