【大河ドラマ2021】青天を衝け序盤の舞台を観光!~渋沢栄一を知る旅~

画像出典:MORIKAZU / PIXTA(ピクスタ)

【大河ドラマ2021】青天を衝け序盤の舞台を観光!~渋沢栄一を知る旅~

2021年の大河ドラマ「青天を衝け」。主人公である渋沢栄一は、江戸~昭和時代に活躍した教科書にも乗る「資本主義の父」。そんな栄一は埼玉県深谷市の生まれ。深谷市は現在、大河ドラマによってスポットライトを浴び偉人の聖地として注目されています。

栄一は日本に現在も残る多くの有名企業の生みの親で、まさしく近代日本の経済を飛躍的に発展させた貢献者です。大河ドラマの主人公になるのも頷けますが、2024年より福沢諭吉に代わる新一万円札の肖像となることが内定。福沢諭吉がそうだったように、より馴染みのある人物になりそうです。

大河ドラマ「青天を衝け」放送開始に伴い、観光地として盛り上がる深谷市!今もっともホットな街、深谷市にある渋沢栄一ゆかりの地をじっくり観ていきましょう☆

目次

【大河ドラマ2021】青天を衝け序盤の舞台を観光!~渋沢栄一を知る旅~

目次を閉じる

青天を衝けの舞台となった深谷市

大河ドラマは年間をかけて、主人公の人生を追体験するドラマです。主人公・渋沢栄一の故郷である埼玉県深谷市は、埼玉の北部にある人口14万人ほどの市。新潟県まで連なる国道17号線や、東海道線から繋がっている高崎線が通っているためアクセスは抜群の地です。
 
中世に城が築かれ拠点・城下町として市街が完成。その後、江戸時代には中山道の途中市街として宿場町化し賑わいを見せました。現代では特産として知られる「深谷ねぎ」が、国内トップの生産量を誇っています。
 
天保11年、渋沢栄一はこの深谷市に富農の息子として生まれ、若き日を過ごします。時は黒船来航によって天地がひっくり返った激動の時代。大河ドラマでは深谷市を舞台に若き栄一の物語が描かれていますが、どのような栄一ゆかりのスポットがあるのでしょうか。

深谷市を回るならレンタカーが便利!検索はコチラ

青天を衝けゆかりの地1「渋沢栄一記念館」

まず紹介したいのは、「渋沢栄一記念館」。その名の通り、渋沢栄一の功績を称えて地元である深谷市に建てられた記念館です。昭和初期まで長生きした近代の人物ということもあり、一般的な歴史上の人物よりも資料が豊富な渋沢栄一。資料室には遺墨や写真など、渋沢栄一ゆかりの展示物が満載です。

栄一の活躍した幕末・明治は価値観が一新された激動の時代です。栄一の周辺でも、多くの人物が幕府に味方・敵対するなど目まぐるしく時代は変化。この記念館では、その時代の一端を知ることができるでしょう。
 
一番の注目は「渋沢栄一アンドロイド」による講義見学!アンドロイドは生前の栄一を模した姿で、まるで100年以上前の講義風景を見ているかのような不思議な気持ちに。遠い昔のように思える明治時代を目の前で体験できます。なんともロマンがありますね。
 
多目的室では渋沢栄一の映像を見ることができるコーナーがありますが、こちらは2021年2月現在休止中。また入場・見学料は無料ですが、感染症対策の予防のため入場の際は事前予約が必要です。こちらも注意しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の深谷行き格安航空券

深谷でおすすめの記事

深谷のアクセスランキング