四季を彩る美しい奥琵琶湖観光!癒しと安らぎのおすすめスポット6選

画像出典:koshigoe3 / PIXTA(ピクスタ)

四季を彩る美しい奥琵琶湖観光!癒しと安らぎのおすすめスポット6選

目次

四季を彩る美しい奥琵琶湖観光!癒しと安らぎのおすすめスポット6選

目次を閉じる

3.レイクサイドでレジャー気分を満喫しよう 奥琵琶湖キャンプ場

琵琶湖まで歩いて数分で行ける好立地!自然と一緒になって季節とレジャーを満喫できるのが奥琵琶湖キャンプ場です。通年営業しており、ハンガローやコテージ、ログハウス、常設テントを設置。レイクサイドで手軽にアウトドアを楽しめ、気分転換をするにはもってこいの観光地です。

釣りや川遊び、バーベキューをする観光客も多く、家族や団体でワイワイ、たくさん思い出が作れること間違いなしの奥琵琶湖人気スポットです。夜には満天の星空のもと、スターウォッチングもできますよ。また、ペットの同伴もOK。ドッグランやノーリドスペースもあるので、ワンちゃんやペット愛好家にもうれしい観光になりそうですね。

4.絶景のプライベートビーチ 奥琵琶湖マキノグランドパークホテル

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルは、奥琵琶湖にプライベートビーチを持つ観光リゾートホテルです。「重要文化的景観」にも選定されたビーチ前の風景は、言葉にできないほど美しい光景。各部屋やレストランからも、その眺めを一望できます。客室はログハウスを基調とした内装で、窓からの風景とともに落ち着いた時間を過ごせます。

さらに、ここのホテルの最大の特徴と言えば、グランピングが味わえるところ!グランピングとはグラマラスとキャンピングを合わせて作られた言葉。プライベートビーチに果実のような形をした可愛らしいラグジュアリーテントが設置されています。常設ベッド付きタイプと、常設ベッドなしのタイプがありますが、エアーベッドを貸りることも可能。アメニティは用意されています。

プライベートビーチで波の音を聞きながらグランピング体験できるなんて、観光客にとってはうれしいサービス。スタッフが24時間対応してくれるので、安心・快適に観光の一時を過ごせます。奥琵琶湖観光で贅沢な気分が味わえる至福のホテルライフはいかがでしょうか。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

長浜市でおすすめの記事

長浜市のアクセスランキング