観光局Twitterフォロワー数がハワイ越え!ナウル共和国とは?

画像出典:Sean Kelleher/flickr

観光局Twitterフォロワー数がハワイ越え!ナウル共和国とは?

皆さんはナウル共和国という国をご存じでしょうか?ほとんどの人は聞いたことがないか、耳にした程度でしょう。最近のトピックスとして、+674というナウルの番号から迷惑電話の着信があったというのを聞いたことがある人もいるでしょう(心当たりがない人は出ないようにナウル観光局からも呼びかけられています)。ナウルの場所は南太平洋、意外にもハワイよりは日本に近い島国です。

しかし、実はナウル共和国政府観光局のTwitterのフォロワーは4.7万人で、ハワイ州観光局のフォロワーやナウルの人口よりも多いのです(2021年1月現在)。この国には首都がありません。しいて言えばヤレン地区ですが、人口1万人少しの島国なので、都市という概念自体存在しないのです。この国はリン鉱石で栄えた国。最近はリン鉱石資源が枯渇しています。しかし、この国には現状、税金がなく、国民のほとんどが働かなかったため経済がピンチに。

年間の日本人観光客は2019年現在でわずか平均5人。ほとんどの日本人が知らなくて、旅行にもいかないナウル共和国の姿に迫ってみましょう。

ナウル行きの格安航空券はこちら

目次

観光局Twitterフォロワー数がハワイ越え!ナウル共和国とは?

目次を閉じる

ナウルに行くにはビザが必要!理由はホテルが足りないから

もし、あなたが日本からナウルに旅行に行くとしたらビザが必要です。ナウルは日本に大使館を持っていないので、ナウル政府入国管理局にメールをする必要があります。詳細はこちら(2021年現在、新型コロナウイルスのため受付停止中)。ビザ申請には、有効なパスポート所持を証明する書類とホテルの予約証明書、日程表、到着および出発時の航空券の予約確認書が必要です。発行完了までに時間を要するので、日程に余裕をもって申請しましょう。

行き方は?空港はあるの?

ナウル航空の前身となるアワー航空の画像

出典: Sean Kelleher/flickr

ナウルにはナウル国際空港があり、オーストラリアのブリスベン、キリバスのタラワやマーシャル諸島のマジュロ、ミクロネシア連邦のポンペイといった都市にナウル航空(旧:アワー航空)が就航。この航空会社は意外にも以前、鹿児島にも定期便として来ていたんですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

オセアニアでおすすめの記事

オセアニアのアクセスランキング