【2021年版】初めての新潟観光におすすめのスポット

【2021年版】初めての新潟観光におすすめのスポット

米どころ新潟県へようこそ!この記事では初めて観光で訪れる方のために新潟市をはじめとした下越地方、県内第二の都市である長岡市、さらには上越市などの上越地方や佐渡に至るまでの観光スポットをご紹介。
今回は県内で絶対に外せない観光スポットを初めての方向けに絞りました。また、サトウのごはんに使われるコシヒカリといった米や新鮮な魚介類など、おいしいグルメも。初めての方向け県内観光モデルコースを、新潟県の観光が初めての方でもわかりやすく楽しめるように詳しく説明いたします。

なお、この情報は2020年12月28日時点での情報です。

新潟行きの格安航空券はこちら
新潟でのレンタカーはこちら
東京から新潟行きの夜行バス・高速バス予約はこちら

目次

【2021年版】初めての新潟観光におすすめのスポット

目次を閉じる

マンガの聖地や展望室も!新潟市や下越地方で訪れるべき観光スポット

萬代橋とチューリップ

新潟市には朱鷺メッセや萬代橋、北方民族博物館などがあります。新潟市は魔夜峰央先生や高橋留美子先生などの数々の漫画家を輩出し、新潟市マンガ・アニメ情報館や新潟市マンガの家があるなど、「マンガの聖地」としても知られていますよ。

まず寄っておきたいのが朱鷺メッセのBefco ばかうけ展望室です。朱鷺メッセは新潟市内で最も高いビルで、韓国やロシアの総領事館もこのビルに入っています。140mのビルの最上階にある展望室からは天気などの条件がいい日には県内や佐渡をクリアに見ることができます。

そして、新潟市内の繁華街、古町も歩いてみましょう。新潟駅から古町まではバスで10分ほどの距離にあります。天気がいい日には新潟駅から古町まで初めての方が歩いても遠くありません。途中の萬代橋で記念写真を撮るのもいいでしょう。本町・古町地区には銀行の新潟支店が集中しており、経済の中心部となっています。バスの便もいいので、自動車がなくても手軽に歩ける街になっています。また、芸妓さんに出会えることも。

新潟市内や下越地方の観光名所はほかにも

ピアBandaiの画像

出典: Mugimaki / PIXTA(ピクスタ)

時間があったらピアBandaiや北方民族博物館、マリンピア日本海などの見どころもまわってみてくださいね。グルメは新潟県の日刊新聞の名を冠した新潟日報メディアシップがおすすめ。初めての方はバスセンターのカレーや、みのもんたさんの番組で取り上げられたイタリアンという料理もおすすめです。

新潟以外の下越地方ならば、新発田市の月岡温泉、笹川流れや瀬波温泉で有名な県内北部の村上市もおすすめです。詳細はskyticket観光ガイドで。

長岡市・十日町市など中越地方の観光スポットや巡り方

長岡の花火

出典: nopiswift13 / PIXTA(ピクスタ)

夏になると宙に輝く花火が印象的な長岡市。新潟県で2番目に大きな都市です。花火大会には毎年多くの人が訪れますが、残念ながら2020年の花火大会は中止になってしまいました。2021年には宙に浮かぶ花火を眺められるといいですね。

中越地方で訪れてほしいのが弥彦(やひこ)村の彌彦(いやひこ)神社です。日頃の「ありがとう」を伝える願い事や、おみくじで運試しも。恋人同士ならば2人の「うんめい」を占ってみてもいいでしょう。

おいしいグルメを味わいたいなら長岡市寺泊地区に行くのがおすすめです。寺泊や出雲崎でとれた新鮮な魚介類を味わえると、県内外の観光客にも好評です。

巡り方としては燕三条駅や長岡駅を起点に、彌彦神社、弥彦山、出雲崎といったスポットをレンタカーで巡ると効率よく巡れますよ。

詳しく知りたい方は下記skyticket観光ガイドで。

糸魚川・妙高・上越市など、初めての上越地方の見どころ

高田城の画像

出典: Mugimaki / PIXTA(ピクスタ)

上越地方へのアクセスは上越新幹線ではなく北陸新幹線の上越妙高駅が便利ですよ。上越市は直江津と高田の2つの都市が合併してできた街。雁木といわれるひさしでアーケードのような景観をつくっています。

上越市は「この下に高田あり」といわれる新潟県屈指の豪雪地帯で、日や年によっては1日に1m以上積もる日も。しかし、上越の人々は雪を味方につけてきました。雪にもんもんとするのではなく、楽しみや生活に利用してきたのです。上越市高田にある金谷山スキー場は日本スキーの発祥地。オーストリアのレルヒ少佐がスキーを教えたのが始まりです。また、日本酒や赤ぶどうワイン発祥地で、雪室を使った熟成方法で名高い岩の原ワインも有名。

妙高市は、上越市の南方にあり、妙高山をはじめとした山岳景観が有名です。避暑、紅葉狩りやスキーで訪れる観光客でにぎわいます。グルメなら、ここもみのもんたさんの番組で取り上げられた「豚汁ラーメン」がおすすめです。

糸魚川、能生の弁天岩

出典: ばりろく / PIXTA(ピクスタ)

新潟県最西端の市である糸魚川市はフォッサマグナに代表されるジオパークとして有名です。フォッサマグナミュージアムは地学好きじゃなくても必見。また、親不知といった景観も。夏はとても暑く、夜になっても気温が35度を下回らない真熱帯夜を年によっては経験しています。グルメならば、行った日にもよりますが、能生(のう)地区のカニがおすすめですよ。また、糸魚川市内では「糸魚川うまいもん会」おすすめの「ブラック焼きそば」といったグルメも堪能できます。

この地方で初めての方にもわかりやすい観光ルートが上越妙高駅から直江津を経由して糸魚川、富山県境へ向かうルートです。海岸ではヒスイが拾えることも。

トキや金山で有名!砂金取り体験もできる初めての佐渡へ!

道遊の割戸の画像

出典: ziggy / PIXTA(ピクスタ)

トキや金山で有名な佐渡へは佐渡汽船のフェリーやジェットフォイルが便利です。新潟港と直江津港(直江津発は季節運航)から出ています。新潟港発は両津港に、直江津港発は佐渡市南西部の小木港に着きます。フェリーとジェットフォイル、どちらも利点はありますが、予算や時間と相談してめいめいで決めてみてくださいね。また、佐渡には空港がありますが、定期便はありません(SKY TREKなどのチャーター機専用)。

ここで初めての方が訪れるべきはトキの森公園です。「ニッポニア・ニッポン」といわれているトキを生で見ることができるスポット。また、「道遊の割戸」に代表される佐渡金山跡も必見。

佐渡を観光するならば路線バスの便が良くないので、初めての方はレンタカーや運転手さんがガイドしてくれるタクシーが便利ですよ。佐渡はジオパークに指定されているだけあり、絶景スポットも多数あります。詳しくはskyticket観光ガイドで。

新潟県へのアクセスは上越新幹線・北陸新幹線が便利!

北陸新幹線E7系

出典: K@zuTa / PIXTA(ピクスタ)

訪れたい市町村によって交通手段を使い分けましょう。東京からは新潟市内や下越地方は新幹線や高速バスがおすすめ。大阪からならば、伊丹空港や関西空港から新潟空港を使うルートがおすすめです。LCCのpeachならば手軽に新潟へ訪れられます。名古屋からは小牧、中部の両方から飛行機が出ていますよ。

上越地方は新潟市内から遠いので、富山空港の利用や北陸新幹線の方が便利です。大阪から上越地方は検索すると、よく新幹線の東京経由が出てきます。しかし、時間はかかりますが、金沢経由の方が安いことが多いです。もちろん大阪から直江津経由のバスが出ているのでそれでもokです。

スカイチケットでも新潟行き高速バスや航空券、新幹線とホテルのチケットを扱っています。詳しくはスカイチケット各ページをご覧ください。

新潟への高速バスはこちら
新幹線とホテルをセットでお得に予約する

まとめ

首都圏からも手軽に訪れられる、初めての新潟観光でここだけは押さえておきたい観光スポットをまとめてみました。他県民から「うん、間違いない」と回答できる観光スポットは少ないですが、南北に細長い新潟県の観光スポットをめいめいで探してみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

新潟でおすすめの記事

新潟のアクセスランキング