東海道新幹線の空席確認方法!自由席利用の狙い目列車も

画像出典:TETSUYA氏 / PIXTA(ピクスタ)

東海道新幹線の空席確認方法!自由席利用の狙い目列車も

GoToキャンペーンバナー

日本の大動脈となっている東海道新幹線。GW、お盆や年末年始には臨時列車が増発されますがそれでも座席の争奪戦になることは必至です。また、空席の確認のために駅にいちいち行くのが面倒という方もいらっしゃるでしょう。

そして、「のぞみ」「ひかり」「こだま」には自由席がついていますが、その自由席に座りやすい列車もご紹介します。

※以下に掲載する情報は2020年12月時点の情報です。

skyticketでは「新幹線+ホテル」も販売しているので合わせてご利用ください。
新幹線とホテルをセットでお得に予約する

目次

東海道新幹線の空席確認方法!自由席利用の狙い目列車も

目次を閉じる

東海道新幹線の空席確認は「サイバーステーション」で!

サイバーステーションで確認できる

JRが運営するサイバーステーションで希望条件から空席を検索できます。〇は空席十分あり、△は空席わずか、×は空席なしです。

指定券は1ヶ月前の午前10時から発売です。駅のみどりの窓口は混みあいますので、指定席券売機の利用が便利です。

また、頻繁に利用される方はエクスプレス予約、JR西日本「e5489」がおすすめです。会員になる必要がありますが、割安な値段で東海道・山陽新幹線の空席確認・予約が利用できます。

万が一空席なしでも2日前までに空席が出ることがある

出発日前日になると特急券の払い戻しに30%の手数料がかかるので、2日前までに払い戻す人が多いです。サイバーステーションをこまめにチェックしましょう。

新大阪や名古屋から利用の場合、新大阪始発の新幹線の方がすいていますよ。

「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」の自由席について

東海道新幹線の座席

出典: HIRO / PIXTA(ピクスタ)

のぞみは3両(1号車から3号車)、ひかりは5両(1号車から5号車)、こだまは10両(1号車から6号車と13号車から16号車)の自由席をつないでいます。このほかグリーン車以外のすべてが自由席のこだまも存在します。

のぞみ号の自由席の車両数は少ないですが、本数は多いです。ひかり号は車両数は多いですが、のぞみ号を利用できないお得なきっぷの利用客で混雑する場合も。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

東京でおすすめの記事

東京のアクセスランキング