屋島の観光スポット10選 那須与一から空海まで、歴史を体感できる島

画像出典:taka15611/PIXTA(ピクスタ)

屋島の観光スポット10選 那須与一から空海まで、歴史を体感できる島

瀬戸内海にまるで屋根のような形で浮かんでいる島、それが「屋島」です。香川県高松市の土地として浮かぶ屋島は、島全域が国の天然記念物として1934年(昭和9年)に登録されました。以降、屋島といえば高松市のシンボルとして長年親しまれてきています。人々を魅了してやまない屋島ですが、一体、どのような観光スポットがあるのでしょうか。

目次

屋島の観光スポット10選 那須与一から空海まで、歴史を体感できる島

目次を閉じる

◎屋島の特徴

出典: kozo/PIXTA(ピクスタ)

そもそも屋島という名前がついた由来とは、山頂が屋根のように平らな形をしているからだと言われています。山頂といっても、島の中にあるいくつかの山のうち、その一つが屋根のような形という訳ではありません。島全体が一つの山、正確にいえば卓上台地の地形なのです。この地形、実は「メサ」と呼ばれるものであり、頂上が平坦な形の大地のことを指すようです。

不思議な名称ですが、元がスペイン語の「テーブル」を意味する言葉だと知ると、なるほど、納得。しかし、なぜスペイン語なのかが不思議なところ。このような地形が出来た背景には、約1400万年前の火山活動で噴出した溶岩が水平に流れ出して固まったところに、自然環境の中で長年浸食を受けていったことによるものだと言われています。ところで、ダイヤモンドヘッドといえばハワイですが、実は屋島はダイヤモンドヘッドに似ているという話も。

上から見た島の形が似ているんですね。また、高松市の東部にある「久米池」というため池には、屋島が水面に映り込むことでも有名。映り込むのは屋島だけではなく、後ろにある真っ青な空まで一緒に映るんです。これは、見た人にしか分からない絶景。さらに、屋島には源平合戦の古戦場があり、それまでの日本で行われてきた京都政治(天皇重視)を、鎌倉幕府を築き上げることで崩した歴史上のターニングポイント時代を感じることが出来ます。

そして、日本の律宗の開祖となった鑑真が創建したといわれる屋島寺など、史跡も多く存在しているため、歴史好きの人なら是非訪れておきたい場所。歴史といえば、屋島はもともと、本当に単なる島でした。とはいっても、意味もなく浮かんでいる島ではなく、海外交流や海路を通じた交易においても重要な島となっていたのです。ただ、島の歴史は江戸時代まで。

その時代には、大規模な塩田開発が行われており、屋島周辺も大きな手入れが入ります。さらに埋め立てまで行われたため、現在のように陸続きになったのです。ここであまり細かく述べてしまうと後に続かなくなってしまうため、続きは各コーナーで詳しくご紹介します。

1.瀬戸内の様子が垣間見れる「屋島三大展望」

屋島の頂上は台形。そして平ら。そのため、南北に整備された遊歩道には、随所に瀬戸内の海を眺められる展望台が設置されています。そのうち、屋島三大展望と呼ばれているのが「獅子の霊巌(ししのれいがん)」、「談古嶺(だんこれい)」、「遊鶴亭(ゆうかくてい)」という三ヶ所。いずれの場所でもそれぞれの瀬戸内の様子が広がっており、同じ島、同じ瀬戸内の海なのに場所によってこれだけ様相が変わる景色は珍しいと評判。是非、あなたのお気に入りのポイントを見つけてみることをお勧めします。

◆獅子の霊巌(ししのれいがん)

瀬戸内の多島美が満喫できる屈指の展望台なのが「獅子の霊巌(ししのれいがん)」です。ここは、高松市街地を始め男木島や女木島など、瀬戸内海の眺望を満喫できる抜群のスポット。

なぜこの名前がついたのかというと、展望台の下に、海に向かって吠えているかのような獅子そっくりの岩があるからだそうです。実はこの場所、空海和尚がそこで修業していたという言い伝えも残っているほど。穏やかな瀬戸内海に数多くの島が浮かんでいる雄大な景色とは裏腹に、過去には空海和尚が修行していたというから驚き。さらにここでは、小さなお皿のような形をした土器を投げる「かわらけ投げ」も出来ます。

これは、海運や厄除けの祈願をするしきたりなので、観光の一環に体験してみることも良いでしょう。獅子の霊巌は、屋島にいくつも存在する展望台の中で、最も夜景が美しいと称されている場所。屋島で一番美しいということは、香川県内で一番美しいと言っても過言ではありません。夜景好きの方は、必ず訪れて押さえておきたい観光スポットの一つ。

◆談古嶺(だんこれい)

次に「談古嶺(だんこれい)」。源平合戦で一番有名な壇ノ浦が一望できるこの展望台は、小豆島、五剣山なども一望できます。命名は、1897年(明治30年)にまでさかのぼりますが、屋島登山をした尼僧「村雲尼(そんうんに)」が、源平を偲んでつけたといわれています。平家物語で、源氏の武士・那須与一が扇の的を射たとされる名場面も、この場所が舞台となっています。

◆遊鶴亭(ゆうかくてい)

最後に「遊鶴亭(ゆうかくてい)」ですが、ここは屋島頂上の中でも北峰の先端に位置している展望台。320°の大パノラマが楽しめ、小豆島、女木島、大槌島や小槌島などの風景を楽しめます。大正12年、良子女王殿下が屋島北端を訪れた時に、名づけられたという歴史があります。

2.日本で最初の瀬戸内海国立公園

1934年(昭和9年)、日本で最初の国立公園として指定されたのが、ここ瀬戸内海国立公園。恵まれた自然と抜群の眺望から考えると当然かもしれませんが、この国立公園は屋島だけを指すのではありません。関西から九州まで1府10県にまたがっており、海域を含めると国内最大を誇ります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高松でおすすめの記事

高松のアクセスランキング