高松市庵治町の観光8選 四国北端の町は一人でもカップルでも楽しめる!

画像出典:KUMA.

高松市庵治町の観光8選 四国北端の町は一人でもカップルでも楽しめる!

香川県庵治町は、香川県の中でも瀬戸内海に面した町であり、温暖な気候や海という自然がもたらす恵みに魅力を感じ、高松市のベッドタウンとして人口の増加もある町です。香川県高松市の屋島も源平合戦では有名な土地ですが、実はここ、庵治町もたくさんの源平合戦の旧跡が残っている場所。そんな庵治町の観光スポットを巡る旅へ、出かけてみましょう。

目次

高松市庵治町の観光8選 四国北端の町は一人でもカップルでも楽しめる!

目次を閉じる

◎庵治町ってどんなところ?

庵治町は、四国の北東部、香川県高松市の東隣に位置しています。名部と北部に丘陵があり、中央に平地が開けているので農業も盛ん。さらに瀬戸内海に面しているために、昔から漁業が盛んでした。

また、瀬戸内海気候を代表するような土地なので、緯度の割に気温が高いために温暖で非常に過ごしやすい気候。さらに降水量が少ないため、大雨などに悩まされることもなく、日照時間が長いので農作物がよく育ち、太陽光発電装置がバッチリ発電する…そんな土地です。しかし、漁業よりも最近目立って伸びてきたもの、それが庵治町の観光業。庵治町の細かい魅力を紐解いていきましょう。

1.鉄道マニアにはたまらないコトデン志度線

コトデン志度線。正式名称は「高松琴平電気鉄道志度線」。香川県高松市の瓦町益と香川県さぬき市の琴電志度駅を結ぶ鉄道路線のことで、沿線には、屋島、八栗山、志度寺など日本全国から観光客が訪れる名所があります。

全線に渡って国道11号が並行して走っており、そのほとんどから海が眺められ、さらに全ての車両のカラーはローズピンクという面白い電車です。さらに興味深いことに、コトデンは日本中から古い鉄道車両を集めているため、鉄道マニアならコトデンの事を知らない人はいない、という程有名なのです。

今は、自動車で旅行に出かける人が多いかもしれませんが、庵治町に行った時には、一度はコトデン志度線に乗車してみることをお勧めします。

2.ビーチコーミング

聞き慣れない言葉かもしれません。ビーチコーミングとは、砂浜で、流木や貝殻などの漂流物を広い集める遊びのこと。庵治の海は瀬戸内海。特に庵治半島の海は潮の流れが速いため、透明度が高く、沿岸はエメラルドグリーンで沖に出ていくに従って濃いグリーンへと変わり、そのグラデーションの美しさは絶景です。

そんな海だからこそ、砂浜には色々な漂流物が漂着してきます。最近は、環境問題に取り組む人や団体も多いようで、そんな観点からもビーチコーミングが密かなブームともなっているようです。漂流物は、同じ物であっても全く同じ形というものはあり得ません。特に流木は、長い間流されることでものすごく味が出ることでも知られています。

一体この木はどこから、どこを通って流れついたのか、もとはどのような場所に生えていたのだろうかというようなことに思いを馳せ、さらに流木を使って何かのアートを造ってみても面白いですよね。また、角が丸くなったビーチグラスや貝殻を集めると、お手軽にアクセサリーづくりも出来ます。ただ、砂浜とはいっても潮の流れが速いので、海水浴は注意した方が良さそうです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高松でおすすめの記事

高松のアクセスランキング