【skyticketスタッフの休日宗谷旅/前編】ANAプレミアムクラスで稚内!サハリンを臨む宗谷岬で平和を祈る…

【skyticketスタッフの休日宗谷旅/前編】ANAプレミアムクラスで稚内!サハリンを臨む宗谷岬で平和を祈る…

GoToキャンペーンバナー

日本最北の都市である稚内。1945年まで日本領であったサハリン(樺太)を眺めることができ、日本の端っこに来たことを実感できます。今回、skyticketライターである筆者(以下、「私」と表記)は一人旅で稚内を旅しました。稚内に行くのは今回が初めてではありませんが、稚内はいついっても新たな発見があります。

新型コロナウイルス禍で国外に脱出できない今、異国となってしまったサハリンを見ることで、目の前にある国境を越えることができないもどかしさを痛感。意義深い旅となりましたよ。

そんな今回の旅行で感じたありのままを綴っていきます。

※この記事の料金・ダイヤ等は2020年10月現在のものです。

目次

【skyticketスタッフの休日宗谷旅/前編】ANAプレミアムクラスで稚内!サハリンを臨む宗谷岬で平和を祈る…

目次を閉じる

まずは羽田空港から稚内空港へ

羽田空港第2ターミナル

ANAで羽田空港から稚内空港に出発します。出発するのは羽田空港第2ターミナル。ここから旅が始まると思うとワクワクしますね!しかも今回乗るのはちょっとラグジュアリーなプレミアムクラス。旅の楽しみがより一層膨らみます。

▼稚内行きの格安航空券はこちら

プレミアムクラスの乗客はANAラウンジが利用できる

ラウンジの入口

チェックインを済ませ、保安検査場を通って出発ロビー内にあるANAラウンジへ向かいます。このラウンジはプレミアムクラスの搭乗客と一定数以上の搭乗をした上級会員専用。ビールサーバーも併設したドリンクバーもあり、ゆったり寛げる空間になっていますよ。

今回の稚内行きはバスでの搭乗なので20分前に搭乗口へと向かいました。

羽田→稚内のANAのプレミアムクラスに搭乗!機内食もある

プレミアムクラスの座席 座席背面

「プレミアムクラスご搭乗ありがとうございます」とプレミアムクラス担当の客室乗務員がお出迎え。シートも一般座席に比べて、広々ゆったりとしていますよ。機内にはUSBコネクタがあり、スマホの充電も可能。また、wifiもついているので、上空にいる間はインターネットで仕事や暇つぶしができますよ。

この日搭乗したのはエアバス社のA321という機種でした。

テーブルも広々

テーブルは前についているのではなく、サイドのひじ掛けから取り出します。広々していますよ。

プレミアムクラスでは機内食がある!

機内食が味わえる

ANAプレミアムクラスでは機内食があります。この日のメニューは明太子厚焼き玉子、赤魚西京焼き、鶏照り焼きなどが出てきました。どれも一流シェフが素材の味を生かしてメニューを作っているので、おいしかったです。

稚内空港が近づいてきた

眼下に宗谷丘陵が広がる

宗谷丘陵の地形を眼下に見ると間もなく稚内空港です。ここで、プレミアムクラスともお別れ。あっという間の2時間でした。

空港からは宗谷バスに乗り稚内市街へ。

稚内駅は日本最北の鉄道駅!レールはここで終わる

JR稚内駅・キタカラ

日本最北の駅、稚内駅です。近年改築され、道の駅「キタカラ」が併設されています。日本最北の映画館やお土産店、観光案内所、コンビニ「セイコーマート」も。近くには相沢食糧百貨店もあり、一通りのものはここでそろいます。

稚内駅構内

駅構内は広く、ターミナル駅といった感じですが、発着進列車は特急列車を含めて1日6~7本です。今では廃止された天北線が乗り入れていたころはもっとにぎわっていたのでしょうね。

最北端の線路

出典: HAPPY SMILE / PIXTA(ピクスタ)

最北端の線路モニュメントも

日本最北端の線路

JRとしては日本最南端の鹿児島県にある西大山駅から延びてきた線路はここで終わり。昔は稚内桟橋までもう少しレールが伸びていました。

せっかくなので乗車してみた

宗谷本線の列車

稚内駅を発着する列車です。「宗谷」「サロベツ」は4両~6両ですが、普通列車は1両編成。普通列車は1日3~4本しかありません。最終日、空港へ向かう際に連絡バスでなく列車に稚内駅から南稚内駅まで乗ってみましたが、ツアーのお客さんが多数で、地元の人はあまりいませんでした。

宗谷本線は赤字路線ですが、国境地帯へ向かう路線として重要な位置を占めています。

ちなみに南稚内駅と抜海駅の間では利尻山の絶景が拝めるポイントがあり、観光客にも人気です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

稚内でおすすめの記事

稚内のアクセスランキング