【国内線でも免税!】GoToトラベル地域共通クーポンが「Tギャラリア沖縄」「DFS那覇空港免税店」でも使える!

画像出典:イチロー / PIXTA(ピクスタ)

【国内線でも免税!】GoToトラベル地域共通クーポンが「Tギャラリア沖縄」「DFS那覇空港免税店」でも使える!

GoToキャンペーンバナー

「GoToトラベル」を使って沖縄へお出かけの皆さんに耳寄りなニュースです。

「GoToトラベル」は、宿泊料金などの旅行代金がお得になるほか、旅行先と隣接都道府県で使える地域共通クーポンが配られます。この中には沖縄県の「Tギャラリア沖縄」と「DFS那覇空港免税店」が含まれています。免税店は通常国外へ向かう客向けの施設ですが、この2つのお店は国内線(沖縄県内路線除く)に搭乗することで利用可能な免税店になっていますよ。

今回はこの「Tギャラリア沖縄」と「DFS那覇空港免税店」にスポットを当てて紹介していきます。

目次

【国内線でも免税!】GoToトラベル地域共通クーポンが「Tギャラリア沖縄」「DFS那覇空港免税店」でも使える!

なぜ沖縄だけに国内客向けの免税店があるの?免税店の利用条件についても

単純にいうと沖縄が昔アメリカ領だったことの名残や、沖縄の観光振興のためです。「Tギャラリア沖縄」は2002年に改正された沖縄振興特別措置法という法律に基づく特定免税店になっています。なお、泡盛などのお酒は扱っていますが酒税は免税対象外で、たばこ税も対象外なので取り扱いはありません。

そういった経緯もあり、那覇空港を使って沖縄から県外に向かう方なら沖縄県民を含め利用可能です。例えば沖縄からすぐそばの鹿児島の与論島へ行く方でも利用可能。しかし一旦、那覇空港から同じ沖縄県の石垣島を経由して沖縄県外に移動する場合は利用できません。

▼沖縄/那覇行きの格安航空券はこちら
▼skyticketのGo Toトラベル対象の国内ツアーはこちら

沖縄で宿泊する場合、地域共通クーポンが使えるのは沖縄県と鹿児島県のみ!

那覇空港のチケットロビー

出典: iLand / PIXTA(ピクスタ)

地域共通クーポンは、沖縄県で宿泊する場合は沖縄県と、隣接県の鹿児島県でしか使うことができません。つまり、鹿児島県以外に移動する人にとっては沖縄県から帰宅前に地域共通クーポンが使える最後のお店になります。せっかくなら有効活用しましょう。

Tギャラリア沖縄ではレシートを忘れずに!

那覇市おもろまちの免税店「Tギャラリア沖縄」では、航空機が出発する120分前までに(※新型コロナ禍のため現在は150分前)ショッピングカードを作成し、買い物を済ませる必要があります。購入時点では商品は受け取れません。受け取ったレシートを搭乗券とともに提示し、那覇空港のDFSカウンターで商品に引き換える必要があります。なお、空港のDFSカウンターの営業時間は9:30~19:30(2020年9月30日時点、本来は20:30まで)なので飛行機の出発時間にも注意が必要です。

空港出発ロビー内にある「DFS那覇空港免税店」では便が出発する直前までショッピングができますが、「Tギャラリア沖縄」に比べて品ぞろえは限られてきます。

免税店ではどのようなものを扱っている?

「Tギャラリア沖縄」には、COACH、エルメスやDior、スワロフスキーといった一流ブランドが集結。免税価格でお安く購入できる(なかにはルイヴィトンなど、本土と同じ価格のものもありますが)上、今なら「GoToトラベル」の地域共通クーポンの対象店になっているので普段よりもさらにお得になっていますよ。

シャネルやSK-Ⅱ、エスティローダーといったコスメや香水がおすすめです。なかには「Tギャラリア沖縄」限定品も。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の航空券行き格安航空券

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング