近鉄沿線のお出かけに最適!「近鉄1dayおでかけきっぷ」2種類を発売!

画像出典:こてっちゃん / PIXTA(ピクスタ)

近鉄沿線のお出かけに最適!「近鉄1dayおでかけきっぷ」2種類を発売!

GoToキャンペーンバナー

大阪と名古屋という日本の二大都市を結ぶ、日本一大きな私鉄が近鉄(近畿日本鉄道)です。近鉄の路線網は501.1kmにもおよび、大阪、京都、奈良、三重、愛知の2府3県にまたがります。最近では、特急「ひのとり」や「しまかぜ」も登場し、鉄道ファンの注目を集めています。

そんな近鉄から1日乗車券「近鉄1dayおでかけきっぷ」2種類が発売されます。大阪・奈良・京都版(大人1,000円、こども500円)と愛知・三重版(大人1,500円、こども750円)で、日帰りのちょっとしたお出かけや観光に使えますよ。

※こちらの情報は2020年7月22日時点のものとなります。コロナウイルスによる影響で変更となる可能性があるため、詳しいお知らせは近鉄の公式サイトをご確認のほどお願い致します。

目次

近鉄沿線のお出かけに最適!「近鉄1dayおでかけきっぷ」2種類を発売!

それぞれの一日乗車券の概要

近鉄1dayおでかけきっぷ 大阪・奈良・京都版

大阪・奈良・京都の近鉄が乗り放題

生駒ケーブル、西信貴ケーブルを含む大阪府・奈良県・京都府内(三本松駅以西)の近鉄電車が1日乗り放題です。ただし葛城山ロープウェイは除きます。

大人1,000円、こども500円。大阪府・京都府・奈良県内の近鉄主要駅で購入可能です。

近鉄1dayおでかけきっぷ(愛知・三重版)

赤目口駅以東の近鉄が乗り放題

こちらは愛知県・三重県内(赤目口駅以東)の近鉄電車が1日乗り放題です。大人1,500円、こども750円で近鉄名古屋から伊勢志摩の旅などに使えますよ。

例えば近鉄名古屋から賢島までは2,010円(大人運賃)かかりますが、これなら行きだけで510円のトクです。

両方の1日乗車券を利用する場合の注意点

三本松~赤目口は両方の1日乗車券のどちらにも含まれていないので乗り越しに注意しましょう。また、「ひのとり」などの特急利用時には別に特急券が必要です。

近鉄1dayおでかけきっぷ(愛知・三重版)で行ける秘境駅!西青山駅(三重県)

30分に1本電車が来ますが、駅前にほぼ何もない無人駅です。付近の乗馬クラブ(乗馬クラブ クレイン三重)や青山高原の登山に使う利用客がまれにいるだけで1日の利用客は数人から多くても30人程度となっています。

もとの西青山駅は乗馬クラブのところにありました。それがトンネル掘削技術が進歩し、新青山トンネルのショートカットによる線路付け替えにより現在の場所に移転しました。

路線網が広大な近鉄だからこそこのような秘境駅があるんですね。

近鉄1dayおでかけきっぷ(大阪・奈良・京都版)で乗れる近鉄の歴史の生き証人、近鉄田原本線

近鉄の路線図を見ていると、不思議な路線があることに気が付きます。それが近鉄田原本(たわらもと)線で、新王寺駅と西田原本駅を結んでいる、他の近鉄線とは離れた路線です。

しかし、地図を見ればわかりますが、新王寺駅は同じ近鉄とJRの王寺駅に、西田原本駅は、これまた同じ近鉄の田原本駅に歩いていける距離なのです。

これは、近鉄が様々な鉄道を買収していった結果の名残です。田原本線はもともと大和鉄道という鉄道会社が運営していましたが、王寺駅に乗り入れる信貴生駒電気鉄道、田原本駅に乗り入れる大阪電気軌道もろとも近鉄に編入されたため、この名残もあって、別々の駅のまま存続しています。

なお、路線図上は孤立路線とはいえ、線路は近鉄橿原線と西田原本駅付近で交わっているため、車両の出入りはできます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都でおすすめの記事

京都のアクセスランキング