よこはまコスモワールドの料金・アクセス・最新情報を紹介!

よこはまコスモワールドの料金・アクセス・最新情報を紹介!

目次

よこはまコスモワールドの料金・アクセス・最新情報を紹介!

目次を閉じる

コスモワールドのアトラクション

よこはまコスモワールドのアトラクション

出典: ackey / PIXTA(ピクスタ)

コスモクロック21がもっとも有名なよこはまコスモワールド。もちろん、それ以外にもさまざまなアトラクションがそろっています。

お子さんが楽しめるものから、本格的な絶叫マシーンやお化け屋敷など、あらゆる年齢の方が楽しめるアトラクションでいっぱいです。入場が無料なので気になるものを何個か乗るだけもよし、一日中遊びつくすのもよいでしょう。

◆ワンダーアミューズ・ゾーン

ワンダーアミューズ・ゾーンでとくに人気のアトラクションは、ダイビングコースター「バニッシュ!」。

コスモワールド最長のジェットコースターで、最大の見どころは高さ約30mの場所から時速約75キロで一気に下降し、水の中に飛び込むように急降下するポイントです。水しぶきが高く舞い上がるさまは、眺めるだけでも圧巻の迫力。

またお化け屋敷がお好きなら、「新・幽霊堂〜「恐怖の旅〜」」がおすすめです。
怖さのレベルが3段階にわかれているため、怖すぎるものは苦手な方でもチャレンジできます。

江戸時代をコンセプトにした和風のお化け屋敷は、独特の怖さを放ちます。ただ乗り物に乗って進んでいくため、ちょっぴり怖がりな方でも立ち往生せず最後まで行くことができるので安心です。

◆ブラーノストリート・ゾーン

ブラーノストリート・ゾーンでは、円盤状のライドに乗って回転しながらスイングする「ディスク・オー」を体験できます。カラフルでかわいい外見からは想像できないスリルで、回転しながら上下左右へスイングします。

また「Dr.エドガーの呪いのコレクション「恐怖の館」」も、コスモワールドで人気のお化け屋敷です。こちらは歩いて体験する洋風のアトラクションで、人体実験が行われていると噂されているエドガー博士の館にFBI捜査員として潜入。

実験によるグロテスクな場面などがあるなか、それでも進まなければ出られません。それぞれローソク型の灯りを持って進みますが、実はこれは、最後にローソクの振動をもとに恐怖度が測定できるんです。

1人で肝試しするのも、ちょっと1人は…という方はカップルあるいは家族や友達とみんなでチャレンジしてみるのおすすめですよ。

◆キッズカーニバル・ゾーン

キッズカーニバル・ゾーンはその名のとおり、子ども向けのかわいいアトラクションをメインに構成されているゾーンです。

「オーシャンスインガー」は、吊り下げられたブランコがタワーとともに高く持ち上がり、回転するアトラクションです。気軽に楽しめそうに見えるアトラクションですが、高く持ち上がり、回転も早いため、想像以上にスリリング。慣れてくれば横浜の風が気持ちよく、空中散歩が楽しめますよ。

また「サイクルモノレール」は、みなとみらいの景色を眺めながら空中サイクリングができます。晴れた日には遠くまで景色を見渡すことができ、大人が乗っても気分爽快でリフレッシュできるでしょう。料金も300円と気軽に乗れる価格のため、気分転換に楽しんでみるのもおすすめです。

コスモワールドはフードショップも充実!?

コスモワールドは、観覧車の近くの「コスモコート」というファストフードショップで食事ができます。焼きそば、うどん、ホットドッグ、タピオカドリンク、ポテト、クレープ、アイスなどの軽食がそろっていて、歩きながら食べられますよ。

屋外には椅子とテーブルも用意されているので、一息つきたいときにもぴったりです。

また「くまさんのカステラ」という露店では、くまの形のカステラやソフトクリームなどが販売されてえいます。カステラは腹持ちもいいので、3時のおやつにはぴったり。

帰りにおみやげを購入するなら「コスモショップ」。コスモワールドのオリジナルキャラクター「コスモくん」グッズや、横浜のお土産などが多数販売されています。運命の一品に出会えるかもしれないので、ぜひ立ち寄ってみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の横浜行き格安航空券

横浜でおすすめの記事

横浜のアクセスランキング