『富山市八尾おわら資料館』2020年3月20日リニューアルオープン!「おわら風の盆」の魅力を体感。

『富山市八尾おわら資料館』2020年3月20日リニューアルオープン!「おわら風の盆」の魅力を体感。

GoToキャンペーンバナー

毎年9月1日~3日、坂のまち越中八尾で開催される「おわら風の盆」。毎年全国から大勢の観光客が訪れる、富山の秋の風物詩です。

「おわら風の盆」を紹介する『富山市八尾おわら資料館』が、2020年3月20日、全館リニューアルオープンしました!
ここでは、New『富山市八尾おわら資料館』をクローズアップしてみます。

目次

『富山市八尾おわら資料館』2020年3月20日リニューアルオープン!「おわら風の盆」の魅力を体感。

「おわら風の盆」とは

哀調の中に優雅な趣を有する「おわら風の盆」は、300年以上の歴史がある気品高い年中行事。昔ながらの家並みが続く坂のまち「越中八尾」で、毎年9月1日~3日に開催されます。

その「おわら風の盆」最大の魅力は、ほかにはない叙情豊かで洗練された踊り、唄、楽器の演奏です。

格子戸の民家、土蔵等、昔の面影を残す町並みに数千のぼんぼり。
三味線、胡弓、太鼓の音に合わせた哀調帯びた唄と男女の踊り...。

八尾小学校グラウンドの演舞場では、保存会各支部による演舞も行われます。

New『富山市八尾おわら資料館』

富山市八尾おわら資料館

今回のリニューアルでは、おわら中興の祖で初代おわら保存会会長の川崎順二氏、現在のおわらの歌い方を確立した名人など、おわらの発展に寄与した人物のストーリー性を重視。
昭和初期に使用されていた名人の三味線も展示されています。

また、幻想的で優美なおわらを約10分の映像で楽しめる映像展示室がつくられました。大型スクリーンでの映像はもちろん、VR(バーチャルリアリティー)で、おわらの魅力を臨場感たっぷり体験できます。

富山市八尾おわら資料館

タブレットによるデジタル展示では、貴重な資料の全ページや、昔のおわらの音源、おわらの演奏者のプロフィールなどを閲覧可能。おわらの魅力や発展の歴史がわかりやすく紹介されています。
おわら風の盆を再現したフォトスポットパネルで、記念撮影もどうぞ!

格子戸と日本瓦葺き、漆喰仕上げの伝統的な町屋をあしらった休憩室も用意されているので、ゆっくりと館内を見学してください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の富山市行き格安航空券

富山市でおすすめの記事

富山市のアクセスランキング