【箱根グルメ旅2020】黒たまごはどこで食べられる?大涌谷名物へご案内!

画像出典:shia / PIXTA(ピクスタ)

【箱根グルメ旅2020】黒たまごはどこで食べられる?大涌谷名物へご案内!

箱根に観光できたら、やはり大涌谷に訪れる方がたくさんいるでしょう。大涌谷は長い歴史の中で、2度の噴火をへて今の地形になったとされています。温泉地として有名な箱根ですが、自然の力でできた大涌谷も神秘的。箱根を代表する観光地として、海外からの観光客も多く訪れる人気のスポットです。自然の中を散策したり、ハイキング気分も味わえるのでおすすめ。今回は大涌谷でしか食べられない、名物「黒たまご」を詳しくご紹介していきます。

目次

【箱根グルメ旅2020】黒たまごはどこで食べられる?大涌谷名物へご案内!

目次を閉じる

大涌谷名物の黒たまごとは?

出典: さおりん☆ / PIXTA(ピクスタ)

名物の黒たまごは、温泉地でもある大涌谷ならではのグルメ。大涌谷の温泉池で卵を茹でると殻に温泉成分が付着して化学反応が起きるため、真っ黒な殻のゆで卵になります。

そして、大涌谷には延命や子育ての「延命地蔵尊」というお地蔵さまがあり、それにあやかり、黒たまごを1個食べると寿命が7年延びるという有難い言い伝えがあります。黒たまごは縁起の良いたまごとして、観光客の方に人気です。黒たまごの価格は5個入りで500円。バラ売りはしていないのでご注意ください。

※記載の価格は2020年3月現在のものです

黒たまごはどんな味がするの?

「黒たまご」というのは珍しく、どんな味がするのか気になりますね。普通の生たまごを温泉のお湯で茹でるだけでもインパクト抜群。大涌谷に近づくと硫黄の匂いがして、苦手な方はすごく鼻についてしまいます。もちろん変わった味がするような気になってしまいます。

しかし、黒たまごは普通の茹でたまごよりも美味しさが増し、なんと旨み成分が20%多いといわれています。やはり温泉地ならではの名物だけあって、ひと味違う茹でたまごが食べられます。

また、黒たまごはその日に作ったものだけを販売していますので安心して頂くことができます。お持ち帰りをしたいという方もいらっしゃると思います。その場合は、賞味期限が購入してから2日~3日です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の箱根湯本行き格安航空券

箱根湯本でおすすめの記事

箱根湯本のアクセスランキング