世界遺産「三池炭鉱万田坑」の観光ガイド!明治に完成した近代産業の礎

画像出典:撮るねっと / PIXTA(ピクスタ)

世界遺産「三池炭鉱万田坑」の観光ガイド!明治に完成した近代産業の礎

熊本県屈指の観光スポット「三池炭鉱万田坑」を一挙紹介!三池炭鉱万田坑に関する歴史から、オススメの観光スポットまで幅広くピックアップしています。1899年の第一竪坑の建設を皮切りに目まぐるしい成長を遂げてきた三池炭鉱万田坑。明治、大正、昭和を通して日本の採炭業界をけん引してきた、三池炭鉱万田坑の魅力を徹底的に紹介していきたいと思います。アクセスについても細かくまとめているので要チェックです。

目次

世界遺産「三池炭鉱万田坑」の観光ガイド!明治に完成した近代産業の礎

目次を閉じる

三池炭鉱万田坑とは

三池炭鉱万田坑とは

出典: 撮るねっと / PIXTA(ピクスタ)

1873年に官営化されたことから三池炭鉱万田坑の歴史は始まります。当時はまだ西洋の技術が少なかったため、日本をけん引する出炭所ではありませんでした。しかし、1989年の第一竪坑の建設により、三池炭鉱万田坑は大きな発展を迎えます。その後、勝立坑、宮原坑、万田坑など三池炭鉱万田坑を支える竪坑が次々に建設され、日本をけん引するほどの大きな出炭所になりました。その歴史的背景や、今も遺構がキレイな状態で保存されていることから、三池炭鉱万田坑は2015年にユネスコにより世界遺産登録されました。三池炭鉱万田坑は洋式の採炭技術を積極的に取り入れた、まさしく近代化の象徴とも言える観光スポットです。

第二竪坑櫓と巻揚機室

万田坑 第二竪坑櫓内

出典: BLUE7 / PIXTA(ピクスタ)

三池炭鉱万田坑のシンボルである「第二竪坑櫓」。この櫓の高さは18.8mにも及びます。洋式の技術を積極的に導入していただけあって、建造物も明治にできたとは思えないほど、西洋の雰囲気がただよっています。レンガ作りの建物は、人や物資の運搬をするために使われていたようです。第二竪坑櫓の見学は、まさに迫力満点。

まず、第二竪坑櫓の下にあるトンネルを通っていきます。このトンネルはかなり薄暗いので、小さなお子様やご高齢の方は転ばないように気をつけてください。トンネルからエレベーターを降りるのですが、降りるや否や、地下の抗底の迫力に圧倒されます。中は採炭をするインフラがほとんどそのまま残っており、信号所は当時の時代を感じさせるレトロな作りになっています。なによりオススメしたいのが「巻揚機室」。ここでは道が急に狭くなるため、ヘルメットを被りながら移動します。当時の作業風景などが色褪せることなく保存されている、第二竪坑櫓屈指のスポットです。

第一竪坑

三池炭鉱万田抗  熊本県荒尾市原万田

出典: 撮るねっと / PIXTA(ピクスタ)

三池炭鉱万田坑で最初に開発された「第一竪坑」。ここは第二竪坑櫓のような建造物はあまり残っていません。ザ・遺構といった感じの佇まいが特徴ですね。非常に巨大なコンクリート基礎は現存しています。この基礎の大きさは第二竪坑櫓と比べものにならないほど大きく、当時は30.7mもの櫓が建っていました。当時の建造物にしては非常に大きかったため、「東洋一の高さ」と称されています。第一竪坑のオススメのスポットは、なんといっても第一竪坑口。この第一竪坑口は現在でも開口しており、上から覗くことができます。その深さは273mにも及び、日中であってもそこは真っ暗でなかなか見ることができません。三池炭鉱万田坑のなかでも、特に迫力のある観光スポットなので、ぜひ立ち寄ってみてください。スケールの大きさに驚くこと間違いありません!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

荒尾でおすすめの記事

荒尾のアクセスランキング