松山から瀬戸内の離島へ!観光で訪れたい「忽那諸島」の島々をご紹介します

画像出典:5x5x2 / PIXTA(ピクスタ)

松山から瀬戸内の離島へ!観光で訪れたい「忽那諸島」の島々をご紹介します

忽那(くつな)諸島は四国随一の都市、松山からのアクセスが良好な離島。忽那諸島は、有人9島を含む大小30以上の島々で構成されています。春は柑橘類の花が咲き、夏は白い浜辺と海が眩しく、秋は祭りで賑わい、冬はオレンジ色の果実があふれる場所です。市街地との距離が程よいことから、地方へ移住する候補地としても人気。今回は観光におすすめの忽那諸島の島々を紹介します。

目次

松山から瀬戸内の離島へ!観光で訪れたい「忽那諸島」の島々をご紹介します

目次を閉じる

興居島

出典: ja.m.wikipedia.org

興居島(ごごしま)は松山市の高浜港からフェリーで約15分。忽那諸島で2番目に大きい島で、美しい海水浴で遊んだり、高さ282メートルの伊予小富士にハイキングに登ったりできます。

また歴史のある神社・仏閣が数多くあり、多くの人が訪れ、島内の八十八ヶ所の札所を巡りを楽しみます。毎年10月には、県の無形民俗文化財に指定されている祭礼「船踊り」も開催されます。

四十島

出典: en.wikipedia.org

ターナー島という愛称を持つ四十島(しじゅうしま)。全体が花崗岩閃緑岩の3つの岩礁で、松以外の植生はほぼありません。夏目漱石の代表作『坊ちゃん』に登場する「青嶋」のモデルとなった島です。島に生える松の形が、イギリス人画家ターナーの絵に似ていたことから、「ターナー島」と名付けられました。

昭和50年代にはマツクイムシの被害により、島の松は壊滅的な被害を受けました。その後、市民の努力により、現在では20本以上の松が育っています。

中島

出典: ja.m.wikipedia.org

中島(なかじま)は怱那諸島最大の島です。媛県松山市の高浜港から高速船で約30分、フェリーで約1時間の距離にあります。市街地とのアクセスが良く、島の自然も堪能できる事から移住者も多い島です。

瀬戸内特有の温暖寡雨の気候のおかげで、国内で有数の柑橘出荷量を誇ります。栽培される品種も豊富。みかんの収穫シーズンには、山全体がオレンジ色に染まるほどです。

また、中島ではトライアスロンも盛んです。毎年8月下旬に2日間かけてレースが行われます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

愛媛でおすすめの記事

愛媛のアクセスランキング