大宜味村の癒し観光スポット6選!豊かな自然の中でのんびり過ごそう

出典:Ryu / PIXTA(ピクスタ)

大宜味村は沖縄の中でも豊かな自然に恵まれている地域の一つです。そんな大宜味村で観光するならどんなところがいいのでしょう?今回は大宜味村でのんびりと過ごしたいという方必見、大宜味村の観光スポットを厳選してご紹介します。

1.ドライブコースとしても最適!島の姿を一望できる「塩屋大橋」

塩屋大橋は大宜味村の中でも塩屋湾に掛けられており、現在も宮城島と塩屋を結んでいる大切な橋です。元々はアーチの形をしていて橋の中央は赤く塗られていたランガー橋として、地域住民から親しまれてきました。木々の緑や空と海の青に映える赤色をしていたのですが、橋の老朽化が進んでしまい、現在掛けられているのは2代目の塩屋大橋となります。

2代目塩屋大橋は赤く染められてはいないものの、塩屋湾の上を爽快に走り抜けることができることから、ドライブコースとしてもピッタリ!橋の上から空と海を駆け抜けるように走れば、ストレスの解消にも。橋のふもとには無料で利用できる駐車場や休憩できる場所もあるのでおすすめです。

2.沖縄の伝統工芸を肌で感じられる「大宜味村立芭蕉布会館」

沖縄には独自の織物が多数存在していますが、その中でも最も歴史が古いと言われているのが芭蕉布です。

大宜味村でも喜如嘉(きじょが)という地域が芭蕉布の特産地となっています。国の指定重要無形文化財にも選ばれている程歴史のあるものなのです。芭蕉布会館というのはこの「芭蕉布を途絶えさせてはいけない」という想いのもと、後継者を作るための目的として作られた施設であり、職人たちの共同作業場にもなっている会館です。

作業の様子はもちろん、芭蕉布が作られるまでの工程を映像にまとめて流してくれたりしています。ペットも一緒に行くことができますが、2階は作業場なので1階のみペットと一緒に展示物を見ることも可能。入場料も無料なのでぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか?

3.シークワーサー好きにはたまらない!「大宜味シークワーサーパーク」

沖縄県には、パイナップルなどの沖縄ならではの南国フルーツを楽しめるテーマパークがいくつかありますが、最近大宜味にも「大宜味シークワーサーパーク」という施設ができました。こちらはシークワーサーを専門にしたテーマパークで、沖縄で収穫されたシークワーサーから新鮮ジュースを作る工場を無料で見学可能。さらに冒険トンネル・芝生スペースなど、子どもが遊べるところもあるので家族連れにもおすすめの観光スポットです。

こちらではシークワーサーの搾りたてジュースが飲み放題で、シークワーサーをふんだんに使っている料理などを併設されたレストランでいただくことができます。本格的な石窯ピザから島野菜のサラダまで取り揃えているのでグルメに関しても満足のいく観光スポットです!

4.旬の食材がいっぱい!滝を見ながらの食事もできる「道の駅おおぎみ」

国道58号線を北上して大宜味村へ入り、しばらくすると「道の駅おおぎみ」があります。のどかな自然に囲まれた道の駅では、地元の特産物をはじめに、旬の新鮮な野菜やフルーツ、加工品などが買うことができます。直売店には大宜味村の食材はもちろんのこと、本島北部の農家から仕入れた食材がずらりと並び、特に大宜味村産の赤土大根が人気。赤土大根は通常の大根より太くて大きいのが特徴で、生で食べても甘みがある大根です。お土産としては赤土大根を使用した切干し大根がおすすめです。

切干大根なら年中手に入るので、旬の時期じゃなくても美味しい赤土大根を料理に使うことができます。そして道の駅には2階建てのお食事処があり、2階の和そば「美ゅうびゅう」のテラス席からは、裏にある立ち入り禁止の親川(ウェーガー)という滝を見ながら食事が楽しめます。

5.冒険気分を体験!亜熱帯の森に囲まれや癒しスポットの「ター滝」

自然豊かな大宜味でトレッキングを楽しむなら「ター滝」がおすすめ。ター滝は国道58号線の平南川橋から山側へ行く方に向かうと看板が見え、平南川上流にあります。入口から滝まで遊歩道はなく、川の中を歩いて進みます。深い部分もありますが、浅い部分であれば膝丈が濡れる程度での移動が可能。しかし、滝に近づくと足場が悪くなり、水や苔で滑りやすいので、十分気をつけて移動しなくてはなりません。

道中もゴロゴロとした岩場となっているので、濡れても良い靴かアクアシューズだと安心。服を濡らすのが嫌な方はハーフパンツ、海パンの着用がおすすめです。亜熱帯に囲まれて流れる滝の光景は素晴らしく、夏は滝壷で泳ぐのも楽しいですよ。道中も亜熱帯の森を濡れるので冒険のような体験にワクワクできます。

6.天然記念物にも出会えるかも?「神秘的な喜如嘉の七滝」

出典:Sorel / PIXTA(ピクスタ)

「喜如嘉の七滝(きじょかのななたき)」は喜如嘉集落の南東に位置する滝。入口には鳥居があり、そこからは徒歩で移動します。少し歩くと左手に滝があり、右手側には拝所があり、滝周辺が信仰の対象となった本島北部で有名なパワースポットです。上流域に滝が7つあることから七滝と呼ばれ、地元では「ナンダギ」と呼ばれています。ター滝のように大きな滝ではないので迫力はありませんが、静かで神秘的な空間を感じられる場所です。

県の天然記念物にも指定された「リュウキュウヤマガメ」や「ホントウアカヒゲ」などの生物も生息しており、運が良ければ出会えるかも。地元の人にとって大切な聖域なので、観光の際はマナーを守って訪れましょう。

のんびりと自然を満喫したい方におすすめのパワースポットです。

◎まとめ

大宜味村のおすすめ観光スポットを厳選して6つご紹介しました。

大宜味村は本島北部でも特に自然が豊かで、沖縄の広大な自然を感じられる観光スポットが多数あります。その恵まれた環境で育った食材が替える道の駅や、地元でも聖なる場所と崇められているパワースポットは、ぜひとも足を運んでほしい場所です。

大宜味村の観光の際はご紹介したスポットを参考に、本島北部の観光を楽しみましょう。

この記事を見た人におすすめの記事

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

大宜味でおすすめの記事

大宜味のアクセスランキング