【三重】鳥羽の離島めぐり!各島へのアクセスや魅力を紹介|答志島をはじめとして

画像出典:freeangle / PIXTA(ピクスタ)

【三重】鳥羽の離島めぐり!各島へのアクセスや魅力を紹介|答志島をはじめとして

三重県の鳥羽へ観光に行くなら「離島めぐり」の旅もオススメですよ。鳥羽湾には、答志島をはじめとして昔ながらの古き良き雰囲気を残した、魅力あふれる島が4つあるのです。今回はその中でも人気の3島を周遊するモデルコース・アクセス方法とあわせて、それぞれの離島の魅力や特色もご紹介します。

※なお掲載している宿の件数は、2020年1月時点での数字です。

目次

【三重】鳥羽の離島めぐり!各島へのアクセスや魅力を紹介|答志島をはじめとして

鳥羽の島旅を楽しむ!

離島めぐりで行ける島々の魅力をご紹介

伊良湖水道の重要な目印として、古くより島のシンボルにもなっている神島灯台

夜の鳥羽湾に現れるキラリキラリと瞬く青白い光。これはイルミネーションではなく「夜光虫」です。春から秋にかけて観れることがありますよ。

今回ご紹介する鳥羽港からの周遊ルートは、答志島→神島→菅島→...です。

鳥羽観光を余すことなく楽しみたいのなら、離島めぐりは外せません。鳥羽湾には高速船でいける離島が主に4つあるんですよ。どの島も個性・魅力豊かで、楽しみ方がそれぞれ違います。

鳥羽湾の玄関「鳥羽マリンターミナル」から定期船が運行しているので、アクセスは簡単にできます。ちなみに4日間エリア内なら何度でも乗船可能な「周遊券」もありますよ。

今回は鳥羽湾から行くことのできる離島の見所やアクセス方法などについて詳しく解説します。きっと「ここに観光してみたいな!」と惹かれる島がある筈です。

⇒4日間エリア内の定期船に乗り放題の「周遊券」

アクセス情報

鳥羽離島の旅の拠点は「鳥羽マリンターミナル」

真珠のネックレスをイメージして建造された「鳥羽マリンターミナル」。海を眺められるテラスやイートインスペースも併設しています。ここから主な離島への定期船が運行されているので、誰でも手軽に船旅に行けるんです!

▶答志島
 鳥羽マリンターミナルから市営定期船、片道540円です。約20~30分ほどで着きます。

▶神島
 鳥羽マリンターミナルから市営定期船、片道700円です。約35分ほどで着きます。

▶菅島
 鳥羽マリンターミナルから市営定期船、片道500円です。約20分ほどで着きます。

▶坂手島
 鳥羽マリンターミナルから市営定期船、片道220円です。約10分ほどで着きます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の鳥羽行き格安航空券

鳥羽でおすすめの記事

鳥羽のアクセスランキング