【第96回箱根駅伝】おすすめ観戦スポットはどこ??~2020年最初のおでかけに~

画像出典:Kanesue

【第96回箱根駅伝】おすすめ観戦スポットはどこ??~2020年最初のおでかけに~

箱根駅伝は毎年1月2日から3日に開催される、大学陸上競技大会の通称です。旧東海道(主に国道1号線など)の大手町~箱根間を5区にわけてタスキを繋ぎ、往路・復路あわせて各大学10名の選手が競争します。

関東の大学トップクラスの陸上選手が揃うため、毎年のように激戦が繰り広げられる箱根駅伝ですが、電車などで追いかけない限りどうしても観戦スポットは限られてしまいます。勝負が決まる地点や駆け引きが見れる地点、または戦う選手の迫力を感じられる地点などさまざま。観戦するならば見逃したくないポイントはいくつもあります。今回はそんな箱根駅伝の観戦スポットをまとめてみました。

目次

【第96回箱根駅伝】おすすめ観戦スポットはどこ??~2020年最初のおでかけに~

目次を閉じる

箱根駅伝2020の注目ポイント

2019年の大会では23チームが出場。往路・復路・総合優勝すべて違う強豪大学が入賞しています。往路は東洋大、復路では青山学院大学、そして総合優勝は安定した走りで往路・復路2位をキープした東海大学が果たしています。

2020年の出場校は合計21チームで、初出場校はありません。東海大の連覇や青山学院の王者奪還に期待したいところです。

優勝校のトップ争いも白熱しますが、各校がしっかりとタスキを渡せるかも注目です。各中継所でトップの通過から一定時間が開いてしまった場合、その時点で繰り上げスタート。タスキが繋げなくなるので、出遅れてしまった大学による1秒を争う戦いも注目ポイントの一つでしょう。

箱根駅伝のおすすめ観戦スポット(往路)

全体で5つ区間がありますが、中でも往路の注目ポイントは”花の2区”と呼ばれる鶴見中継所(神奈川県横浜市鶴見区)から戸塚中継所(横浜市戸塚区)の区間です。

後述する難所の攻略がカギとなる地点。各校のエースによる駆け引きや実力勝負などが楽しめるポイントでもあります。2019年大会でも日本大学が脅威の13人抜きで4位に浮上。国士館大学も8人抜きで1位通過と、エースの圧倒的な成績が目立ちました。

下記では見ごたえのあるスポットを紹介していますが、各校の戦略によって重要な区間は左右されます。花の2区だけが重要とは限らないので注意しましょう。

駅伝のスタートを見たい!「1区 大手町」

箱根駅伝のスタート地点、1区は千代田区の大手町。東京メトロや都営地下鉄の駅が多く、アクセスはとても簡単です。

ただしスタート地点だけあって、観客だけでなく大学関係者や報道関係の人も多め。応援団のパフォーマンスや声援などとても賑やかで、お祭り直前のようなワクワクする空気が楽しめます。運が良ければ走り出す直前の選手たちが見れるかもしれませんが、ある程度の人混みは覚悟した方が良さそうです。場所取りをする場合は、かなり早くから現地に行く必要があります。

観客側も大手町を始点に電車で選手を追いかけることも可能。時間はそれほどないため慌ただしくなりますが、追いかける場合はすぐに東京駅を目指しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

日本橋でおすすめの記事

日本橋のアクセスランキング