石神さん(神明神社)は女性の願いを叶える聖地|正しいお参り方法もご紹介

画像出典:ひとみ / PIXTA(ピクスタ)

石神さん(神明神社)は女性の願いを叶える聖地|正しいお参り方法もご紹介

三重県鳥羽市にある観光名所、石神さん(神明神社)は、女性の願いを一つだけ叶えてくれる神様が祀られていることで、有名な神社。年間20万人もの参拝客が訪れる、大人気のパワースポットなんですよ!ご神木の森に囲まれ、神聖かつ荘厳な雰囲気に包まれた境内では、全国からやって来た多くの女性たちが参拝しています。今回は、石神さん(神明神社)の正しい参拝方法や、ぜひ立ち寄りたい開運スポット、カフェなどもあわせてご紹介します。

※記事内で紹介しているおみくじやお守りの価格は2019年12月現在のものです

目次

石神さん(神明神社)は女性の願いを叶える聖地|正しいお参り方法もご紹介

石神さん(神明神社)とは

女性の願いが叶うと口コミで評判の、大人気の聖地

出典: いがぐり / PIXTA(ピクスタ)

境内で厳かに佇む、石神さん本殿。

出典: いがぐり / PIXTA(ピクスタ)

三吉稲荷も祀られています。その近くにある、ズラリと並んだ朱色の鳥居。

出典: D&M.CLIPs / PIXTA(ピクスタ)

境内のあちこちに、ドーマン・セーマン模様があしらわれたアイテムが。不思議でユーモラスな雰囲気を漂わせている。

石神さん(神明神社)は、女性の願いを叶えてくれる神様が祀られている古社。地元の海女さんのみならず、遠来の参拝客も絶えない、人気パワースポットです。こじんまりとした神社ながら、ご神木の森に覆われ、 静粛な雰囲気が漂います。心をこめて一つお願いすれば、仕事に恋愛・結婚・出産など、悩み多き女性の心強い味方になってくださることでしょう。

▶創建
不明

▶ご祭神
・天照大神(あまてらすおおみかみ)
・玉依姫命(たまよりびめ)
・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

▶ご神徳
・縁結び/子宝/安産/夫婦円満
・福徳/開運/勝運
・農業/漁業/商売繁盛

石神さん(神明神社)までのアクセス

▶車
 伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由(パールロード/鳥羽市~志摩市)経由で、約40分。通行無料。

▶バス
 JR鳥羽駅の鳥羽バスセンターから、かもめバスの「国崎行き」乗車。相差(石神さん前)にて降りてください。約40分。
 運賃は片道600円。

正しいおまいり手順|石神さん(神明神社)MAP.1

大切な願いを一つ胸に秘め、正しくおまいりしましょう

石神さん(神明神社)の境内には、多くの神様が祀られています。なかでも最も有名なのが女性の願いを一つ叶えてくれる「石神さん」。もっとも、参拝にはきまった順序があるんです!

まずはじめは、神明神社の本殿におまいりにいきましょう。

まずは石神さんの奥に佇む、神明神社本殿にご挨拶へ

こちらが荘厳な雰囲気すら漂わせている、神明神社の本殿です。拝殿には天照大神や二十六柱の神々が祀られています。

参拝前に手水舎の水で清めることも忘れずに。参拝の際は、「二拝二拍手一拝」をかならず守ってください。

石神さんの正しい祈願の手順はコチラ!

神明神社の本殿で手を合わせたあとは、石神さん本殿へ。地元の海女さんたちの守り神として、古くから親しまれてきました。

参拝する際は、祈願用紙にひとつ大切な願いを書き込んで、しっかりと祈願しましょう。

まずは、祈願用紙に「ひとつだけ」願い事を書きます。近くには記入用のテーブルと鉛筆もありますよ。

次に、「祈願用紙をもったまま」で、鈴を鳴らします。なお、時間帯により参拝客で混んでいる場合もあるので、順番・マナーをきちんと守るように注意しましょう。

最後に、祈願用紙を願い箱に入れて、二拝二拍手。用紙に書いた内容を心に唱え、しっかりと祈願しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の鳥羽行き格安航空券

鳥羽でおすすめの記事

鳥羽のアクセスランキング