2020年夏・羽田発 新規就航便でおすすめの渡航先はここ!

画像出典:Cheng-en Cheng/Flickr

2020年夏・羽田発 新規就航便でおすすめの渡航先はここ!

東京の空の玄関口として知られる「東京国際空港(通称:羽田空港)」が、2020年開催の東京オリンピックに向けてますます便利になります。国際線の大幅な増便に加え、今までつながっていなかった新たな都市への新規就航も決定しており、世界中からその動向が注目を浴びています。都心からの海外旅行がしやすくなるのはもちろんのこと、東京を訪れる外国人観光客にとっても重要なポイントとなるであろう今回の路線拡充。この記事では、数ある新規就航便の中でも、ぜひチェックしておきたいおすすめの渡航先について詳しく解説していきます。
(※情報は2019年12月現在のものです。フライトスケジュールなどの詳細は、各航空会社の公式ホームページにてご確認ください。)

目次

2020年夏・羽田発 新規就航便でおすすめの渡航先はここ!

目次を閉じる

羽田から直行便でイタリアへ!

羽田から約13時間のローマで人気の観光名所「コロッセオ」

出典: vwalakte

羽田からイタリアへの直行便がついに就航します。アリタリア航空の「成田-ローマ」便が羽田へと移管するのに加え、ANAの新規就航が決定。人気都市ミラノへの直行便とあって、早くも話題沸騰中です。

日本に唯一乗り入れているイタリアの航空会社「アリタリア航空」

出典: ERIC SALARD/Flickr

アリタリア航空が運航する「羽田-ローマ」便は、1日1往復の週7便。イタリア最大の国際空港であるフィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)発着で、国内線への乗り継ぎやローマ市内へのアクセスの良さにも定評があります。

ミラノ観光の王道スポット「ドゥオーモ」とショッピング街「ガレリア」

出典: MoustacheGirl

新規就航のANAは、「羽田-ミラノ(マルペンサ空港)」間を週に3便運航予定。スケジュールは未発表ですが、ミラノ早朝着の深夜便であると予想されており期待が高まります。羽田発であれば「仕事を終えた後の深夜便でミラノへ」なんていう旅程も可能ですよ。

憧れの北欧観光がより身近に

出典: Delpixel/Shutterstock

2019年12月現在、日本と北欧を結ぶ直行便は成田発のヘルシンキ行きとコペンハーゲン行きのみですが、このたび「羽田-ヘルシンキ」便と「羽田-コペンハーゲン」便、そして日本の航空会社が初の乗り入れとなるストックホルム行きの就航が決定しました。

出典: Maarten Visser/Flickr

「羽田-ヘルシンキ」便を1日1往復で運航するのは、成田から移管のJALと新規開設のフィンエアー。羽田を出発する時間帯がJALは午前10時台、フィンエアーは深夜1時過ぎに設定されており、シーンや目的にあわせて選べるのがポイントです。

出典: Leonardo Patrizi

注目の「羽田-ストックホルム」路線枠はANAが獲得。東京とストックホルム間を行き来する観光客が年々増加傾向にあることから、インバウンド・アウトバウンド共に大いに賑わうことが予想されます。

ヘルシンキやロシアを経由して行くのが当たり前だったストックホルムへ直にアクセスできるなんて、まるで夢のようですね。成田からの移管が決まった「羽田-コペンハーゲン」便(スカンジナビア航空)にも注目です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新のブリスベン行き格安航空券

ブリスベンでおすすめの記事

ブリスベンのアクセスランキング