観光ついでに泥だらけ!鹿島ガタリンピック

画像出典:ハゲ&ポチャ / PIXTA

観光ついでに泥だらけ!鹿島ガタリンピック

GoToキャンペーンバナー

毎年6月に佐賀県、鹿島市で開催されるガタリンピック。潟で泥まみれになりながら競技する、とてもユニークなイベントですが、参加資格などがないため、国内だけにとどまらず国外からも注目されています。今回、ガタリンピックの魅力について詳しくご紹介します!

目次

観光ついでに泥だらけ!鹿島ガタリンピック

目次を閉じる

佐賀県鹿島市の地域おこしで始まったガタリンピック

出典: fururu / PIXTA

鹿島市は佐賀県の南部にあり有明海に面しています。有明海は干満差が最大で7メートルにも及び、潮が引いたときの干潟を競技場として大勢の参加者と競い合います。

“ガタリンピック”という名前は潟で競技をするための“ガタ”と“オリンピック”を掛けています。毎年スローガンを掲げ、競技には個性豊かな種目が目白押し。全国的にも有名になったため応募者が増え、参加者が1500人越えのときもあるほどです。

気になる競技は・・・!

個人競技と団体競技があり種目は8~10種類、年によって内容が異なります。中には応募者が多すぎるため抽選で参加を決める競技も。当日参加できる競技もあるのでチェックしてみてください。

ガタリンピック、主要な競技をいくつかご紹介します!

小学校対抗戦!【教育長杯】オープニングレース

鹿島市の7つの地元小学校の対抗戦です。各小学校の代表5人が1チームとなり、発泡スチロールの舟にメンバーの中から1名を選出し舟に乗せ、残りのメンバーが船を引っ張り干潟を25m進み、競います。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

鹿島でおすすめの記事

鹿島のアクセスランキング