【家族旅行にも一人旅にも最適】台湾・屏東県のおすすめホテル10選!

画像出典:www.istockphoto.com

【家族旅行にも一人旅にも最適】台湾・屏東県のおすすめホテル10選!

屏東県(へいとうけん)は台湾最南端の県で、最初の国家公園である墾丁国家公園があることでも知られます。熱帯地方に属し一年中温かく自然豊かなことから、リゾート地としても人気のエリアです。恒春古城や四重渓温泉などの観光地も豊富。日本からも、毎年たくさんの人が訪れています。プールやカラオケなど、家族連れで楽しめるレクリエーション設備が豊富なホテルが多いのが特徴です。県の中心部屏東駅周辺は、古民家風のカフェや庶民的な夜市があり、台湾の新注目スポットとなっています。

目次

【家族旅行にも一人旅にも最適】台湾・屏東県のおすすめホテル10選!

目次を閉じる

様々なレクリエーションが楽しめるホテルが豊富

屏東県の中心地へは、県の西側に位置する高雄国際空港から電車で一本、約25分で到着します。孝雄からリゾート地である恒春までのバスも出ていて、所要時間も1時間半程度なので、日本からも比較的容易にアクセス可能。今回は、屏東駅周辺の観光やビジネスに使えるホテルと、恒春半島の人気のリゾートホテルを中心に紹介します。家族やカップル旅行はもちろん、自然の中で一人ゆっくり休みたい人にもおすすめ出来る人気のホテルを選んだので、ぜひ参考にしてみてください。

1.ウェミート ホテル (薇米文旅)

1.ウェミート ホテル (薇米文旅)

屏東の市街地に位置する、屏東東駅から徒歩圏内の便利なホテルです。宿泊者には無料の朝食サービスがあるのもポイント。天井採光の明るく広々としたレストランで、ビュッフェ形式の朝食が楽しめます。大きなソファがたくさん置いてあるロビーには、無料で読める新聞や本が置いてあるので、忙しい朝も落ち着いて情報取集が可能。無料で使えるコンピュータステーションや会議室など、ビジネス目的の人に嬉しい設備も充実しています。客室も自然光がたっぷり入る大粋な窓と、広々としたライティングデスクで各種作業や荷造りの時間も居心地よく過ごせます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

台湾でおすすめの記事

台湾のアクセスランキング