「土佐西南大規模公園」は景色と芸術が楽しめる高知の穴場観光スポット!

画像出典:ken1 / PIXTA(ピクスタ)

「土佐西南大規模公園」は景色と芸術が楽しめる高知の穴場観光スポット!

GoToキャンペーンバナー

土佐西南大規模公園は高知県西南部の複数エリアにまたがって整備された都市公園です。海岸沿いの美しい景色を満喫したり、神社や美術館で静かな時間を味わうことができたりと、季節を問わず楽しめるスポットとして人気を集めています。今回は高知の穴場観光スポット、土佐西南大規模公園の見どころをご紹介しましょう。

目次

「土佐西南大規模公園」は景色と芸術が楽しめる高知の穴場観光スポット!

目次を閉じる

幡多十景の1つ「入野海岸」

土佐西南大規模公園は、自然豊かな環境の中に整備された都市公園です。入野松原を中心とした砂浜が広がるエリアにあり、スポーツや海を楽しむ大勢の人が訪れます。入野海岸も土佐西南大規模公園に含まれていて、その砂浜の美しさは高知県西南部の美景「幡多十景(はたじゅっけい)」の1つに数えられるほどです。

入野海岸は高知のウユニ塩湖とも呼ばれ、美しい砂浜がSNSでも話題となりました。長さ約4km、幅は約200mの広大な砂浜は、「日本の渚百景」にも選ばれています。晴れて風が無い条件の良い日には、砂浜が水に濡れ美しい水鏡となる幻想的な絶景を楽しめるので、ベストショットの撮影にチャレンジしてみてください。

大方ホエールウォッチング

土佐西南大規模公園では、野生のクジラを観察するホールウォッチングも体験できます。ウォッチングに参加できるシーズンは4月下旬から10月下旬までなのでお見逃しなく。ニタリクジラが大海原を泳ぐ姿をぜひ間近で鑑賞してみましょう。

体長約14mのニタリクジラは、黒潮より沖合で回遊をするのですが、土佐湾沖では1年を通して数十頭が暮らしていると言われています。迫力のあるサイズ感にすらりとした美しい体が特徴的で、穏やかな性格をしており、海の貴婦人とも呼ばれるクジラです。また、クジラ以外にもマイルカの群れやハナゴンドウ、トビウオ、海鳥などとの出会いも期待できます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高知でおすすめの記事

高知のアクセスランキング