小樽「北一硝子」でガラスの魅力を体感しよう|グラスなどプレゼントは通販◎

画像出典:日輪草 / PIXTA(ピクスタ)

小樽「北一硝子」でガラスの魅力を体感しよう|グラスなどプレゼントは通販◎

「北一硝子」はグラスやガラス小物、アクセサリーなどを製造販売しているガラスの街・小樽を象徴する老舗。メインの三号館をはじめクリスタル館、ヴェネツィア美術館、北一プラザ、アウトレットと小樽市内に様々な形態の店舗が複数あります。また、北一硝子は旅行しづらいコロナ禍の今、「まごころお届け便」というオンラインショッピングにも対応。家に居ながらにして北一硝子のステキなガラス製品をネットで購入、プレゼントできるようになりました。

この記事では、北一硝子各ショップの魅力について詳しくご紹介するとともに、通販や店舗へのアクセス方法についてもガイドします。

目次

小樽「北一硝子」でガラスの魅力を体感しよう|グラスなどプレゼントは通販◎

目次を閉じる

北一硝子三号館

北一硝子三号館

出典: trikehawks / PIXTA(ピクスタ)

北一硝子三号館は、北一硝子のメイン施設。もともとは漁業用の倉庫として明治時代に建てられた建物で、外壁に使用されているのは小樽軟石です。

三号館は、ガラス製品を販売する3つのフロアと、軽食を楽しめる「北一ホール」に分かれています。

北一ホールの照明には電気を使っておらず、石油ランプ167本の灯りのみ。毎朝オープン直後にひとつひとつ、石油ランプに灯りがつけられるのです。映画の世界に飛び込んような幻想的な空間で、スイーツやコーヒーを楽しむことができます。

三号館を訪れるなら、この点灯作業が行われる朝8時45分ごろがおすすめ。ぜひ早起きして、ロマンチックな時間に浸ってください。

※2021年4月20日現在、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、ランプ点灯作業は10時から開始されています。
※ランプ点灯作業見学は先着順です。スペースの関係で見学できない場合もあります。

ガラス製品を販売するフロアは「和のフロア」「洋のフロア」「カントリーフロア」の3つに分かれています。販売商品の特色がそれぞれ異なっているので楽しみながら回ってみましょう。

◆和のフロア

和がらすで四季の移ろいを表現した「和のフロア」。デザインが豊富な切子グラス、万華鏡グラス、3色のグラデーションが美しい三色重ねシリーズなど、職人技が光るガラス製品は見ているだけで癒されます。

◆洋のフロア

熟練の技術が光るステンドグラスは必見です。キャンドルグラスはお土産におすすめ。カットグラスや色鮮やかな洋食器、カジュアルからエレガントまで多彩でキラキラしたアクセサリーもステキですよ。

◆カントリーフロア

カントリーフロアには、「週末の団欒」をテーマにしたカジュアルなガラス食器やグラスなどがそろっています。醤油が漏れないように注ぎ口を工夫した醤油差しは北一硝子の人気商品。自分へのお土産にはもちろん、プレゼントにもおすすめ。
ミニチュア動物硝子、石油ランプ、浮き玉などグラス以外にもたくさんのガラス製品が販売されているので、お気に入りのガラスアイテムにきっと出会えます♪

北一硝子クリスタル館

クリスタル館は、名前のとおりクリスタルガラスの専門館です。
透明度の高いグラスをはじめ、パステルカラーやモノトーンなど色とりどりのグラス、底面が丸くなっていてゆらゆらと揺れるスインググラス、口当たりが良い薄口グラスなど、日常で使えるテーブルウェアから用途に合わせた多彩なラインアップが魅力!

さらに、干支や縁起物にちなんだクリスタル、月見うさぎや桜など季節の絵柄の切子グラスも人気があります。

最近では、「雪の妖精」と呼ばれる北海道の野鳥「シマエナガ」のグラスや可愛らしい置物、アクセサリーにも注目が集まっているので、ぜひチェックしてみてください。

1階は、普段使いできそうなグラスウェアが豊富。耐熱性のグラスコップや、お酒を飲むのにぴったりなグラス、ガラスの置物など人気商品が並んでいます。

2階にあるのは、希少なレッドクリスタルを使用した大杯やぐいのみ、ワイングラス、ペアグラスなどの美しい酒器、職人が命を吹き込んだ極上の商品。ピアスやブローチなど女性に人気があるアクセサリーのほかにも、タイピンやカフスといったメンズアイテムも販売されています。

ガラス製品の小物なら、ファッションのちょっとしたアクセントになるので、異性へのプレゼントにもよさそうですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の小樽行き格安航空券

小樽でおすすめの記事

小樽のアクセスランキング