富山が誇る国宝「瑞龍寺」を参拝しよう!見どころをご紹介します

画像出典:kazukiatuko/PIXTA(ピクスタ)

富山が誇る国宝「瑞龍寺」を参拝しよう!見どころをご紹介します

GoToキャンペーンバナー

富山県高岡市にある「瑞龍寺(ずいりゅうじ)」は、富山県で唯一国宝に指定されている寺院です(2019年12月現在)。トイレの神様である「烏蒭沙魔明王(うすさまみょうおう)」が祀られていることから、『トイレの神様』という楽曲が流行った際には一時話題となりました。この記事では、そんな瑞龍寺の歴史や見どころ、御朱印情報などについて詳しくご紹介していきます。瑞龍寺に行く前に見どころを押さえておくことで、より深い感動を味わえること間違いなしでしょう。

目次

富山が誇る国宝「瑞龍寺」を参拝しよう!見どころをご紹介します

目次を閉じる

瑞龍寺とは?

出典: kazukiatuko/PIXTA(ピクスタ)

瑞龍寺の歴史は、1594年に加賀藩2代目藩主・前田利長が信長を供養するために建立した「宝円寺(ほうえんじ)」が始まりだと言われています。その後、3代目藩主・前田利常が兄・利長の菩提所として「瑞龍院」に名を改め、さらに「瑞龍寺」と改称しました。

前田家によって長らく保護を受けてきた瑞龍寺は、加賀百万石の財力を象徴する寺院だけにとにかく壮大。一直線に配置された総門、山門、仏殿、法堂や左右に置かれた僧堂と大庫裏(おおくり)、各堂をつなぐ回廊など実に見応えがあります。

出典: 髙橋義雄/PIXTA(ピクスタ)

明治時代には困窮に陥り伽藍の一部を売り払ったりもしましたが、1985年から約10年間を経て行われた大修理では、その時に失った大庫裏と僧堂の一部を再建。瑞龍寺の特徴でもある、左右対称の伽藍配置に戻されたのです。1997年には富山県初の国宝に指定されています。

見どころ

◆山門

出典: 髙橋義雄/PIXTA(ピクスタ)

総門をくぐった先に見えるのは、まっすぐに延びる参道と立派な山門、そして参道の両脇を埋め尽くす真っ白な砂利。すべてが整然を並ぶ光景は息をのむほど美しく、写真を撮るのも忘れてしまいそうです。

国宝にも指定されている山門は、1746年の火災で焼失した後、1820年に高岡町民からの多額の援助によって再建されました。山門の左右には金剛力士像が置かれ、楼上には釈迦如来像が祀られています。

◆回廊

出典: anchan/PIXTA(ピクスタ)

仏殿を囲むようにつながる回廊は全長約300m。大庫裏から法堂を通って僧堂へと続く左右対称の回廊は、今ではほとんど日本国内に残されておらず大変貴重なものとなっています。

障子から差し込む光は温かく、まっすぐと続く回廊を照らす様子はまるで絵画のようですよ。食事の時間を知らせるために使用されたという「魚鼓(ぎょほう)」が大庫裏前に掲げられているので、そちらもぜひチェックしておきましょう。

◆仏殿

出典: 髙橋義雄/PIXTA(ピクスタ)

1659年に建てられた仏殿も国宝に指定されています。最大の特徴でもある鉛瓦の屋根は、なんと重量47トンにも及ぶというから驚き。日本では、金沢城の石川門とここでしか見られないという非常に珍しい屋根なのだとか。

この仏殿には、釈迦如来や普賢菩薩(ふげんぼさつ)、文殊(もんじゅ)菩薩の釈迦三尊像など5体の仏像が安置されています。仏像好きの方には、特に見ていただきたいですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高岡でおすすめの記事

高岡のアクセスランキング