L.A.アートの旅!ダウンタウンのMOCA&The Broadの見どころを紹介

L.A.アートの旅!ダウンタウンのMOCA&The Broadの見どころを紹介

近代的な街として賑わうロサンゼルスのダウンタウンには、「MOCA」「The Broad(ザ・ブロード)」といった現代美術館があります。世界のトレンドの発信地ダウンタウンならではの斬新かつ最先端のアートが見学できることから、観光スポットとしても大人気。かつては治安が悪いと言われていたエリアですが、現在はすっかりとお洒落で安全な街になっています。本記事では、おすすめのロサンゼルス現代美術館(MOCA)とThe Broad(ザ・ブロード)、2つの見どころをまとめました。

目次

L.A.アートの旅!ダウンタウンのMOCA&The Broadの見どころを紹介

目次を閉じる

MOCA(ロサンゼルス現代美術館)とは?

ダウンタウンのグランド通り(Grand Avenue)にある、コンテンポラリーアートミュージアム、通称「MOCA」。1940年以降の現代アートを中心に展示されており、個性溢れるアーティストの作品が多数見学できる人気のスポットです。

メインブランチには色鮮やかウォールペイントが施されており、赤茶の石張りが施されたファサードは、日本の建築家「磯崎新」の設計によるもの。常設コレクションに近代アートの著名なアーティストの作品を見ることができるほか、期間限定のユニークな展示も行われており、観光客のみならずローカルにも注目されています。また、ほとんどの作品が個人からの寄贈という一面もあります。

グランドと呼ばれる本館と、別館のゲフィン、PDCという合計3つ館で構成されていますが、規模はそれほど大きくはないため、1~3時間ほどあれば十分見学できるでしょう。

奇想天外な面白さがL.A.モダンアートの真骨頂

MOCAでは、近代的なダウンタウンという街に馴染む、1960年代~80年代のアメリカアーティストによるモダンアートが中心です。美術館といえば古典的なイメージがつきものですが、L.A.のモダンアートでは、これまでの概念にとらわれない新しい発想を楽しめることが醍醐味といえます。

一見「これは何?」と思うオブジェや絵画は、なかなか理解することが難しいと思われることが多いでしょう。しかし、その「よく分からない」という感覚には、鑑賞者に解釈を委ねられるという見方もあります。見る人が作品に対して想像力を持ち、どのようなメッセージが込められているのか能動的に考えることが、現代アートの楽しみ方なのかもしれません。これまで見たことのないアートに触れることで、自由で新しい発想を得られ、より深く現代アートを楽めるようになるでしょう。

MOCAでは常設展示のほかにも、2~3ヵ月ほどの周期で特別展が開かれています。創造力や発想力を培いたい!という方は、L.A.のモダンアートで刺激を受けてみてはいかがでしょうか。

MOCA自慢のコレクション&アーティスト

MOCAでは、近代アートを知らない方でも一度は聞いたことがある、世界的に有名なアーティストの作品が見学できます。アメリカを代表するポップアーティスト、アンディ・ウォーホルや、グラフィティアートの作品で知られるジャン=ミシェル・バスキア、ピカソと並ぶスペイン出身のアーティスト、ジョアン・ミロなど、名立たる顔ぶれとなっています。

中でもおすすめの作品は、アメリカの画家、マーク・ロスコが手掛けた部屋のようなエリア。彼は抽象表現主義の巨匠とも言われ、微妙な色彩の変化や調和を四角形の画面に並べた構成が特徴。色のバランスやぼやけた風合いのみで表現された作品は、色味によって異なった風情を感じられます。

その他にも、日常にある何気ないものを色鮮やかに表現する、マニー・ファーバーや、ピカソやダリに挙げられるシュルレアリスムに影響を受けたジョゼフ・コーネルなど、日本ではあまり知られていない前衛的なアーティストによる作品にも注目です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ロサンゼルスでおすすめの記事

ロサンゼルスのアクセスランキング