紅葉!鉄道!パワースポット!アイヌの伝説が残る「神居古潭」とは?

紅葉!鉄道!パワースポット!アイヌの伝説が残る「神居古潭」とは?

北海道旭川にある景勝地として有名な神居古潭(かむいこたん)は、古くよりアイヌの人々にとって聖地と言われていた場所です。今では美しい景色を堪能できるスポットですが、アイヌの人々にとっては恐れられていた場所でもあったのです。そんな神居古潭とは一体どんな場所なのか、さらに気になる伝説やおすすめのシーズンについてもご紹介していきましょう。

目次

紅葉!鉄道!パワースポット!アイヌの伝説が残る「神居古潭」とは?

目次を閉じる

神居古潭ってどんなところ?

神居古潭は、石狩川の急流に緑多い山々からなる景色が美しく、旭川八景のひとつに選定されています。石狩川には神居大橋という木製の橋が架けられており、対岸へ渡ることができます。

「1度に100人以上渡れません」という注意書きがされている橋で人が渡ると木製ならではのギシギシと軋む音がし、スリルを感じられる場所でもあるでしょう。しかし、その橋から見る風景は実に美しく、季節によって色んな景色を見せてくれます。

カムイコタンの伝説

神居古潭ではある伝説が残されています。神居古潭はアイヌ語でカムイ(神)とコタン(集落)という意味を持ち、聖地とされていました。しかし、同時にアイヌ人にとって恐ろしい場所とも言われていたのです。その理由は、神居古潭の地形にありました。

神居古潭周辺は、川幅が狭く、川の流れも激しくなっています。水深も深く、最も深い場所では最大で70mにも達すると言われているのです。今のように発達していなかった時代なので、アイヌ人にとっては難所だったのでしょう。

幾度となく事故が起こるのでニッネカムイ(悪魔)の仕業として恐れられたのです。アイヌ人を苦しめていたニッネカムイは、山の神ヌプリカムイと英雄神サマイクルによって倒された伝説も残されています。

そして、危険な場所であっても無事に通過することを神に祈るという意味もあり、神居古潭と名付けたという言い伝えがある場所です。様々な神が集う場所・神居古潭の伝説を思い出しながら訪れることによって、また違った景色を堪能できるのではないでしょうか?

天然記念物「神居古潭おう穴群」は必見

神居古潭に足を運んだ際には、天然記念物にも指定されている神居古潭おう穴群は必見です。神居大橋の上流から下流の全長1200mに渡って見られる穴で、全部で7ヶ所あります。穴の大きさや深さは様々で、直径2m、深さ5mほどの巨大なおう穴は「鬼の足跡」と言われています。

おう穴ができる原理は、岩などの割れ目や窪みに小石が入り込み、水流によって小石が岩を削り取られることでおう穴が作り出されているのです。渦流が発生することで円形に削られていきますが、小石も摩擦によって削られ、最後には無くなってしまいます。

しかし、別の小石が流れ込むことで、再度削り取られていきおう穴が大きくなっていくのです。日本には様々な地におう穴がありますが、神居古潭のおう穴群は大きいものが多いため、学術的にも貴重な存在となっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

旭川でおすすめの記事

旭川のアクセスランキング