琵琶湖北西岸の高島市でおすすめのホテルと宿を紹介!

画像出典:Luka / PIXTA(ピクスタ)

琵琶湖北西岸の高島市でおすすめのホテルと宿を紹介!

滋賀県高島市は、琵琶湖の北西岸一帯を占める広大な市。桜の名所「海津大崎」や、湖中に鳥居の建つ「白髭神社」など、隠れた観光スポットも数多く点在しています。また、全国に店舗を構える百貨店「高島屋」の名前の由来となった町でもあるんですよ!そこで今回は、高島市を訪れた際にぜひ泊まってみたいホテルや宿を4か所に厳選してピックアップしました。

目次

琵琶湖北西岸の高島市でおすすめのホテルと宿を紹介!

目次を閉じる

ホテルは少ない

5町1村が合併して誕生した高島市には、琵琶湖の岸沿いやJR湖西線沿いに宿泊施設自体は少なくありません。ただし、その多くが旅館や民宿、コテージなど小規模なもので、ホテルとなると限られてしまいます。

高島市で宿泊する際は、ホテルにこだわらず、さまざまなタイプの宿を視野に入れた方が良いでしょう。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテル

琵琶湖畔の気軽に泊まれるリゾートホテルとしておすすめなのが、この「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」です。海津大崎を正面に望む絶好のロケーションで、目の前にはまるで海辺にいるような砂浜が伸びています。

全60室ある客室は、大きくレイクサイドビューと山側の2種類に分けられます。もちろん人気は琵琶湖の景色が楽しめるレイクサイドビューですが、時おり湖西線の列車がカタンコトンと横切っていく山側の部屋も落ち着きますよ。アクティビティ好きな方にはグランピングエリアも用意。オシャレで快適な玉ねぎテントで、特別な一夜を明かしてみるのも良いですね。

併設のレストラン「竹生」からは、名前のとおり天気が良ければ遠く竹生島を眺めることもできます。高島市ならではの静かな湖を背景に、和洋折衷の創作料理を楽しんでください。

ラシーヌホーム 針江

高島市の中心部に近い針江(はりえ)地区は、滋賀県でも有数の湧き水が豊かな場所として知られています。針江の水は地表に出るまで100年以上もの歳月がかかっていると言われ、その柔らかい地下水はふくよかな甘みを湛えています。

そんな高島市自慢の水が堪能できる宿が、こちらの「ラシーヌホーム 針江」。館内の随所からも水が湧いていて、蛇口の飲用水から料理やお風呂まで、すべてに針江の地下水が使用されています。

客室は本館と別館に分かれていて、後者は2016年に完成したばかりの新しいお部屋。本館には和室と洋室があり、ゲストハウス感覚で気軽に泊まれます。水辺の生き物と遊べるスペースもあり、小さなお子さま連れのファミリーにとくにおすすめの宿です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高島市でおすすめの記事

高島市のアクセスランキング