沖縄県うるま市に行くならこのホテル!絶対泊まりたい宿をご紹介

画像出典:kurobuta / PIXTA(ピクスタ)

沖縄県うるま市に行くならこのホテル!絶対泊まりたい宿をご紹介

GoToキャンペーンバナー

沖縄県うるま市は、具志川市、石川市およびその周辺の町を2005年に合併して作られた新しい市です。この合併により、それまで別々に行われていた「エイサーまつり」が一緒に行われるようになり、この地域の大きなイベントのひとつとして注目を浴びるようになりました。そんなうるま市に行ったら泊まりたいおすすめの宿をご紹介します。

目次

沖縄県うるま市に行くならこのホテル!絶対泊まりたい宿をご紹介

1. ココガーデンリゾートオキナワ

うるま市の石川地区に位置するリゾートホテル「ココガーデンリゾートオキナワ」。市街地にあり海は見えませんが、内陸という立地を活かしてテニスやサイクリングを楽しむことができます。マリンスポーツなら系列のルネッサンスリゾートにおまかせ。ルネッサンスへは、シャトルバスに乗って約10分と簡単に移動できます。うるま市エイサーまつりの開催地は、南東へ約15kmと近く、車なら約30分。

ココガーデンリゾートオキナワの客室は全体的にゆったりとしていてリラックスでき、バルコニーからは緑の庭園が見渡せます。天蓋付きベッドを備えた部屋なら優雅な雰囲気を満喫。「マカンマカン」というレストランには、広東の飲茶が50種類ほど用意されています。また、このリゾートで有名なのが「ココスパ」と呼ばれるマッサージプログラム。ハイビスカスやウコンなど沖縄の天然素材を使ったスクラブマッサージでリフレッシュできますよ。

2. ホテル浜比嘉島リゾート

「ホテル浜比嘉島リゾート」は、トリップアドバイザーの2016年度エクセレンス認証を受賞したリゾートホテル。うるま市エイサーまつりの会場に近い浜比嘉島にあるため、会場まではわずか15分ほど。浜比嘉島は沖縄本島の東側にある離島で、海中道路を通って平安座島経由、浜比嘉島大橋で結ばれています。

客室は全てオーシャンビュー。シングルルームからファミリールームまで、宿泊する人数に合わせて選べます。朝食はフレンチレストラン、ディナーは沖縄郷土料理レストランでいただきます。マリンアクティビティーが楽しめるのはもちろん、浜比嘉島には沖縄らしい建物が多く残っているので、古民家を散策するのもおすすめです。

3. AJリゾートアイランド伊計島

「AJリゾートアイランド伊計島」は、天然温泉が人気の伊計島にあるリゾートホテル。うるま市エイサーまつりの会場から約17km、25分ほど海中道路を走って伊計島の北東端までドライブすると、このホテルに到着します。

本館のコーナースィートやスタンダードルームなど全客室から、青く広がる太平洋が見渡せます。床にはタイルを使用して豪華さを演出。和洋室を備えたコテージは28戸あり、家族やグループでの滞在などに最適です。

またフライボードやマリンジェットなどさまざまなマリンアクティビティーを楽しめるのはもちろん、季節によっていろいろ企画されているイベントも楽しみ。天然温泉にゆったり浸かって日頃の疲れを癒やせるのも、AJリゾートアイランド伊計島の楽しみのひとつです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新のうるま市行き格安航空券

うるま市でおすすめの記事

うるま市のアクセスランキング