ついに完成?!世界中を魅了する「サグラダ・ファミリア」を完全ガイド

画像出典:ValeryEgorov

ついに完成?!世界中を魅了する「サグラダ・ファミリア」を完全ガイド

ガウディの最高傑作と名高い「サグラダ・ファミリア」は、バルセロナで最も人気の観光名所です。荘厳な佇まいと煌びやかな内装はもちろん、着工から140年近く経つにもかかわらず、未完成であるというミステリアスさで世界中の観光客を魅了し続けています。最大の見どころである「生誕のファサード」には、日本人彫刻家・外尾悦郎氏が手掛けた「15体の天使像」があるほか、地下にはガウディが眠る「地下礼拝堂」と建設用の模型が展示された「地下博物館」があるなどとにかく見どころがいっぱい。今回は、そんなサグラダ・ファミリアの見どころや観光情報についてご紹介していきます。

目次

ついに完成?!世界中を魅了する「サグラダ・ファミリア」を完全ガイド

目次を閉じる

1.サグラダ・ファミリアとは?

出典: basiczto

サグラダ・ファミリアは、スペインの有名建築家アントニ・ガウディが設計したカトリック教会です。着工は1882年。当初まだ無名だったガウディは1883年に建築家として就任し、亡くなる1926年までサグラダ・ファミリアの設計と建築に携わってきました。

出典: catalby

2005年には「アントニ・ガウディの作品群」として、地下礼拝堂と生誕のファサードがユネスコの世界遺産に登録されています。

2.サグラダ・ファミリアの完成予定が2026年って本当?

出典: gandhi/PIXTA(ピクスタ)

完成まで約300年かかると言われたサグラダ・ファミリアですが、工期が大幅に短縮されたことが発表されました。かつては模型や設計図をすべて手作業で製作していましたが、IT技術の発展により、3Dによる設計やCGを使用した完成予想図を作れるようになったためです。

出典: NH53/Flickr

また、2005年に世界遺産に登録されて以来、観光客が大幅に増え工事費が潤沢になったのも大きな要因のひとつです。完成予定は、ガウディが亡くなってちょうど100年に当たる2026年。果たして完成したサグラダ・ファミリアを見ることができるのか、永遠に未完成ののままなのか。その日が待ち遠しいですね。

3.外観だけでも見応え充分

出典: Nikada

バルセロナのシンボルだけあって、遠くからでも一目でわかるほど荘厳な大聖堂です。別名「立体聖書」とも呼ばれているこのサグラダ・ファミリアには、聖書にまつわる様々なシーンが精巧な彫刻で表現されています。

「生誕のファサード」には受胎告知からキリストが初めて説教を行う場面まで、「受難のファサード」にはキリストの死から復活までが描かれており、どちらも見応え充分です。

生誕のファサード中央の「生命の木」の下には、母の愛を象徴するペリカンの彫刻があります。親しい人の愛情は近くにいると気づきにくいということを表すため、建物の真下からは見えにくい構造になっているのだとか。そんな思いが秘められているのも、サグラダ・ファミリアの魅力の一つと言えるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バルセロナでおすすめの記事

バルセロナのアクセスランキング