函館から恵山へシーサイドドライブ。活火山トレッキングと海辺の温泉も満喫

画像出典:s_waka / PIXTA(ピクスタ)

函館から恵山へシーサイドドライブ。活火山トレッキングと海辺の温泉も満喫

函館市内から車で1時間ほどの場所にある恵山は、今も噴気をあげている活火山。地球のエネルギーを目の当たりにできる火口近くまで車で行けることから、函館からのショートトリップにピッタリ!函館定番の観光スポットだけでは物足りないという方必見の恵山を、眺望スポット、遊歩道と登山情報、干潮時だけ入れる天然露天風呂や立ち寄りたい周辺観光情報を交えてご紹介します。

目次

函館から恵山へシーサイドドライブ。活火山トレッキングと海辺の温泉も満喫

目次を閉じる

1.「恵山」とは

出典: 川村恵司 / PIXTA(ピクスタ)

恵山(えさん)は、函館から約50km東、三方を海に囲まれた渡島(おしま)半島南東端に位置する火山。『新日本百名山』『北海道百名山』『北海道の百名山』などに重複選定されている山で、春から秋にかけて多くの観光客や登山者が訪れます。

出典: sumie / PIXTA(ピクスタ)

標高618.07mの恵山は、国土交通省の噴火警戒レベルが運用・監視されている活火山です。溶岩ドームや火山麓扇状地などがあり、中腹部から上は噴気や地熱などの影響で、ほとんど植生がありません。

出典: SUMARI369 / PIXTA(ピクスタ)

硫黄が噴出し、山肌が露出している荒涼とした景観は、独特な雰囲気を漂わせています。

出典: shin / PIXTA(ピクスタ)

また、山岳信仰の山である恵山は、青森県下北半島にある恐山と並ぶ霊場。「賽の河原」があり、歩道横には小石が積み上げられています。

2.海峡展望台

出典: SUMARI369 / PIXTA(ピクスタ)

車で手軽にアクセスできる恵山へドライブに出掛けましょう。国道278号線から県道635号線を東へ走り、バス停「恵山登山口」付近で左折。恵山登山道路に入ります。

目的地である火口原駐車場方面へ向かう途中、恵山中腹あたりに海峡展望台(登山道展望台)があります。海峡展望台は、津軽海峡を一望できるおすすめの眺望スポット。晴れていれば、青森県の下北半島まで望めます。

出典: gontabunta / PIXTA(ピクスタ)

美しい山の緑の奥に見えるのが、荒涼とした恵山の山頂です。この展望台には10台ほどの無料駐車場があるので、ぜひ寄ってくださいね。

※恵山登山道路は18:00~6:00の夜間、12月~4月20日頃の冬季は閉鎖。

3.火口原駐車場

出典: ポパイ / PIXTA(ピクスタ)

海峡展望台から先へ、ドライブを再開しましょう。ほどなく、恵山への玄関口・火口原駐車場に到着します。

火口原は、恵山の標高約350m付近に広がる平たんな高原地帯。車でこの火口原駐車場までアクセスできるので、体力のない方でも安心です。駐車場からでも荒々しい恵山の様子を見ることができ、トイレもあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の函館行き格安航空券

函館でおすすめの記事

函館のアクセスランキング