函館・国華山高龍寺|外国人墓地の東に、伝統建築が光る寺院があった!

画像出典:髙橋義雄 / PIXTA(ピクスタ)

函館・国華山高龍寺|外国人墓地の東に、伝統建築が光る寺院があった!

GoToキャンペーンバナー

教会やレンガ倉庫など異国情緒あふれる観光地の函館に、高龍寺という風格のある寺院があります。函館山の北麓に位置する高龍寺は、10もの登録有形文化財を有する函館最古の寺。神社仏閣ファンのみならず、高龍寺を訪れた観光客は誰しも、その佇まいに背筋を正すような凛とした感覚を覚えるでしょう。港町函館のイメージとは一味違った魅力と、和の品格漂う高龍寺を参拝観光する上で知っておきたい情報をご紹介していきます。

目次

函館・国華山高龍寺|外国人墓地の東に、伝統建築が光る寺院があった!

目次を閉じる

1.国華山高龍寺とは

出典: takaji / PIXTA(ピクスタ)

正式名称は「国華山高龍寺(こうりゅうじ)」。1633年(寛永10年)に創建された、380年以上の歴史を持つ曹洞宗の寺院です。函館に現存する寺院の中では最も古い高龍寺ですが、歴史があるというだけではなく、伝統的な和風建築の技術や建物の美しさが高く評価されています。

2012年(平成24年)には、本堂、開山堂、位牌堂、金毘羅堂、宝蔵の5つの建築物と、山門及び袖塀、防火塀、土塀、鐘楼、水盤舎、あわせて10件が国指定の登録有形文化財に指定されました。山門に施された彫刻をはじめ、本堂、開山堂など、見どころがたくさんあります。

函館にお寺?と意外に感じるかもしれませんが、高龍寺は地元に根付いたオープンな雰囲気なので、観光客でも気軽に見学できますよ。

2.高龍寺の歴史

出典: ポパイ / PIXTA(ピクスタ)

高龍寺は1633年(寛永10年)、北海道松前郡にある曹洞宗「法源寺」の末寺として創建。当初は函館駅よりも北、現在の函館市万代町の辺りにありましたが、水害や大火などを経て移転。1879年(明治12年)に、現在の函館山のふもとへ場所を移して再建されました。以降、かの有名な函館大火や太平洋戦争による戦火からも免れ、函館市内で最も歴史のある寺院として現存しています。

函館港開港時にはロシア領事館一行の宿所に、函館戦争時には旧幕府軍の箱館病院の分院として負傷者を受け入れるなど、函館の歴史とともに歩んできた歴史があります。

3.山門

出典: 髙橋義雄 / PIXTA(ピクスタ)

訪れてまず目を引くのは、通りに面した「山門」です。高龍寺の山門は、東北より北では最大級。門をくぐる前に、まずは木造の伝統建築特有の和の雰囲気や、美しい彫刻をじっくりと観賞してみましょう。

出典: hiro2 / PIXTA(ピクスタ)

威厳と風格を湛えた重厚な山門は、入母屋造桟瓦葺の木造8脚門。堂々としていながら非常に繊細な彫刻が施されています。見れば見るほどその美しさに惹き込まれる彫刻は、その数200個以上!新潟県柏崎の職人が手がけたという、一つひとつが素晴らしい芸術です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の函館行き格安航空券

函館でおすすめの記事

函館のアクセスランキング