松本でおすすめのホテル10選|長野有数の観光都市で出張にも使えるホテル

画像出典:miya / PIXTA(ピクスタ)

長野県のほぼ中央部に位置する松本市は、国宝の松本城や景勝地として有名な上高地などを擁する観光都市。東京や名古屋から電車や車で約2時間半~3時間と、大都市圏からのアクセスが容易なのも人気の理由です。郊外には長野県唯一の空港があるなど県内の経済や物流の中心でもあり、出張で訪れる人が多というのも松本市の特徴。そのため市内には観光用のリゾートホテルや温泉旅館から、リーズナブルなビジネスホテルまで宿の選択肢はいっぱい!そこで今回は、松本市で仕事にも観光にもおすすめのホテルを10選に厳選してご紹介します。

[x] 閉じる

松本でおすすめのホテル10選|長野有数の観光都市で出張にも使えるホテル:目次

格安ホテルから温泉が楽しめる宿まで

松本駅前をはじめ市街中心部には、さまざまなタイプのビジネスホテルが林立しています。一方、松本の奥座敷と呼ばれる浅間温泉には、およそ30件の温泉旅館や観光ホテルが立ち並んでいます。1000年以上の歴史をもつ名湯ですが、奥座敷と呼ぶには市街地から近すぎるくらい便利な場所にあります。

郊外に目を向ければ、外国人にも人気の観光名所上高地や乗鞍高原に続く白骨温泉などがあり、リゾートなホテルも多数!観光目的なら、市東部の美ヶ原周辺も、爽やかな環境でおすすめです。

1.ホテル飯田屋

ホテル飯田屋は、JR松本駅のすぐ目の前にある人気のビジネスホテル。すぐ裏手は松本の繁華街で、バスターミナルからも徒歩1分という近さが魅力です。

客室のタイプもシングルからトリプルまで多彩で、とくに2006年にリニューアルされたツインBの部屋は13~16畳と広く、観光にもピッタリ!ユニバーサルデザインルームなら、車椅子の方でも動きやすい設計となっています。

駅前なので飲食店やコンビニも多く、素泊まりでも不自由することはありません。予約時に素泊まりでも、前日夜までの申し込めば600円(税込)で朝食を用意してもらうこともできますよ。

※料金は2019年8月現在の情報です。

2.追分屋旅館

松本市街東部の美ヶ原温泉街の入口に建つ追分屋旅館。「美ヶ原」と付くものの美ヶ原高原からは離れていて、松本城や旧開智学校まで車で約10分と、松本市内の観光に便利な宿です。

木の温もりに包まれた明るい旅館で、館内には和風庭園を眺めながら足湯に浸かれるテラスや、アルプスのモルゲンロートも望めるカウンターなどもあります。客室はすべて和室で、スタンダードタイプでも8~14畳までさまざまなタイプが選べます。

温泉旅館といえば、食事も楽しみの1つ。オリジナルの器を旬の食材が彩る懐石風の料理は、その年ごとにコンセプトとなるテーマが異なります。朝食では源泉を使った「温泉粥」が評判ですよ。

3.上高地帝国ホテル

アルプスの自然を満喫できる観光スポットとして世界的に人気の上高地。白雪の残る穂高の山稜を背に、静かにたたずむ赤い屋根のホテルの風景を目にしたことのある人も少なくないでしょう。

こちらの上高地帝国ホテルは、昭和8年(1993)に開業した日本のリゾートホテルの草分けの1つ!戦前の高級ホテルらしいシックな趣が残る帝国ホテルは、上高地の自然を愛する人なら誰もが一度は泊まってみたい憧れの宿です。

本格フレンチのいただけるダイニングルームでは、高原リゾートを愛する多くの賓客をもてなした帝国ホテル伝統の味を堪能!夜は本場スイスのヒュッテを思わせるバーで、ゆったりとグラスを傾けるのもおすすめです。

4.アルピコプラザホテル

松本駅前で便利なホテルをお探しなら、こちらのアルピコプラザホテルもおすすめです。アルピコ交通のバスターミナルに隣接しているので、高速バスで移動される方はとくに便利。建物1階にはたくさんの飲食店が入る「松本つなぐ横丁」があり、夕食や晩酌も同じ館内で楽しめます。

お部屋はシングルでもベッド幅140cmとゆったりしていて、ビジネスにも観光にも満足なサイズ。そのためツインルームは、お子様連れのファミリーなら4名まで宿泊可能です。

併設のレストラン「NAGOMIZA」では、パスタからフルコースまでさまざまなディナーを用意。朝食付きプランにすれば、ブッフェスタイルで和洋混淆のお料理を心ゆくまで味わえますよ。

5.帰郷亭 ゆもとや

松本の奥座敷と呼ばれる浅間温泉には、たくさんのホテルや旅館が建ち並んでいます。そのなかのおすすめの1つが、明治20年(1887)創業の「帰郷亭 ゆもとや」です。

全25室のこぢんまりとした旅館で、スタッフの身近で温かなおもてなしが評判の宿。1階・4階・6階に合計6つのお風呂があり、趣の異なる湯舟で歴史ある浅間のお湯を思う存分味わうことができます。

地元の旬の食材を使った季節の料理も、ゆもとやの魅力。信州サーモンや馬刺し、そしてブランド鶏の「信州福味鶏」など、時期ごとの美味しいものが堪能できますよ。

6.ホテル エム マツモト

松本駅前で安く手軽に泊まれるホテルをお探しなら、「ホテル エム マツモト(M Matsumoto)」という選択肢もあります。ここはカプセル・キャビン・ビジネスの3タイプの部屋が選べるホテル。リーズナブルなうえに設備も新しく快適なので、外国人観光客にも人気です。

とくに松本では珍しいカプセルタイプは、もちろん男女別にエリアが分かれていて女子旅でも安心!女性フロアにはシャワールーム、男性フロアには大浴場があり、朝の身支度の心配もいりません。

キャビンタイプはカプセルベッドの横にデスクとロッカーが備えられていて、個室感覚で着替えをしたりパソコンやスマホを利用したりできます。やっぱり鍵付きの個室が良いという人には、シングルからダブルまでビジネスルームも完備。24時間フリースペースのレストランで、朝食や夕食をとることも可能です。

7.L-BASE

家と田畑に囲まれた松本市南の郊外にある「L-BASE(エル・ベース)」は、名前のとおり信州の探検旅行の「基地」として使える隠れ家のような宿です。秘密基地タイプの建物のほかに、土蔵やトレーラーハウス、そしてログハウスの合計4タイプのそれぞれ独立した施設に宿泊できます。

ログハウス以外にはキッチンが備え付けられていて、家族や友人同士などで長期滞在することも可能。車で信州を広く周りたいという人にもおすすめです。全室共有のガーデンスペースでは、バーベキューやグリルを楽しむこともできますよ。

旅先で自炊は面倒という人には、併設のイタリアンレストランを利用すると良いでしょう。敷地内にはエステルームやストレスケアルームもあり、信州の緑と青空に囲まれて、思いっきりリフレッシュすることができますよ。

8.扉温泉 明神館

松本市街を流れる薄川の最上流、美ヶ原高原の麓の山間にひっそりと建つ「扉温泉 明神館(とびらおんせん みょうじんかん)」は、和のリゾートと呼ぶべき贅沢な宿。厳格な審査をクリアしたホテルやレストランだけが加入できる会員組織「ルレ・エ・シャトー」にも加盟を認められています。

7タイプある客室はどれもコンセプトが異なり、モダンな意匠と木の温もりに包まれた和室から、ヨーロッパの高級保養地にいるような涼やかな洋室まで。全室にバスルームが備え付けられていて、お部屋で温泉を楽しむこともできます。もちろん共同の大浴場もあり、立ったまま湯に浸かる「雪月花」や露天風呂付の「白龍」、半身浴でゆったりリラックスできる寝湯「空山」の3種類の浴室がありますよ。

リゾート旅館の明神館では夕食も大きな魅力!和とフレンチの2つのレストランから選ぶことができ、どちらも松本の食材や伝統を重んじながらも、意欲的で独創的な料理を味わえます。松本で信州の自然とおもてなしを満喫したいという人に、とくにおすすめのラグジュアリーなお宿です。

9.富士乃湯

浅間温泉でもう1つおすすめしたいホテルが、こちらの「富士乃湯」です。創業は江戸時代後期の天保3年(1832)で、松本の領主だった小笠原氏や、武田氏の重臣として仕えた武士の末裔が代々経営しています。館内には家伝の甲冑や松本藩主から拝領した掛け軸、テレビ番組「開運 なんでも鑑定団」で真筆と鑑定された日本がなどが展示されています。

スタンダードな和風旅館で、温泉は大浴場のほか畳敷きの源泉かけ流し貸切風呂を用意。お部屋は和室と和洋室の2タイプがあり、半露天風呂付の贅沢な客室もあります。食事は朝晩ともに、信州の旬の食材をふんだんに使用した部屋出しの和会席。きき酒師の資格をもつ若女将厳選の地酒もおすすめですよ。

10.白船グランドホテル

かつては白船温泉とも呼ばれた乗鞍高原の名湯白骨温泉(しらほねおんせん)。名前のとおり乳白色のお湯になるのが特徴で、若山牧水など多くの文人に愛されたことでも知られています。

上高地観光にも便利な白骨温泉に泊まるなら、こちらの白船グランドホテルがおすすめ!部屋は一般和室・角部屋和室・洋室・和洋室・アウトバス和室の5種類があり、最大で1室10名まで収容できることから、サークル旅行や卒業旅行など大人数での宿泊にも便利ですよ。

標高1,400mに湧く白骨温泉は「3日入れば3年風邪をひかない」と言われるほどの名湯で、ひんやりとした空気の中で入る露天風呂は最高です。ちなみに白骨のお湯は湧出時は無色透明ですが、時間が経つと温泉成分が析出して白く濁る仕組みになっています。

歴史と文化の香る松本は観光スポットも盛り沢山

松本市には国宝松本城をはじめ、重要文化財の旧開智学校や旧制松本高等学校校舎など、歴史や文化にまつわる観光スポットが多数存在します。世界的に活躍する芸術家や書家、画家の作品を収蔵する松本市美術館もオススメです。さらに女鳥羽川沿いの縄手通り商店街には縁日のような心躍る小さなお店がいっぱい!レトロなカフェなどが多いのも特徴で、松本にホテルをとるならぜひ市内をぶらぶらと散策してみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

松本市でおすすめの記事

松本市のアクセスランキング