ナイアガラの滝を100倍楽しむ方法|あなたはどこから眺める?

画像出典:TRphotos/Shutterstock

ナイアガラの滝を100倍楽しむ方法|あなたはどこから眺める?

自然を驚異を体感できる景勝地として知られる「ナイアガラの滝」は、年間1,400万人もの観光客が訪れる北米屈指の人気観光スポットです。アメリカのニューヨーク州とカナダのオンタリオ州に跨る国境付近に位置し、南米にあるイグアスの滝、アフリカ大陸にあるビクトリアの滝と共に「世界三大瀑布」の一つにも数えられています。アメリカからもカナダからもアクセスできるので、日帰り観光にもぴったり。特にカナダ側はナイアガラ・フォールズの街全体が観光地化されており、ホテルやレストラン、レジャー施設などが充実していますよ。今回は、そんなナイアガラの滝をカナダ側から楽しむ方法や観光情報についてご紹介していきます。

目次

[x] 閉じる

ナイアガラの滝を100倍楽しむ方法|あなたはどこから眺める?

1.ナイアガラの滝とは?

出典: Serjio74

世界三大瀑布の一つにも数えられている「ナイアガラの滝」は、アメリカ大陸で最も大きな滝です。アメリカとカナダの国境を流れるナイアガラ川に位置し、アメリカ滝とブライダルベール滝、カナダ滝(ホースシューフォールズ)の3つの滝とゴート島やルナ島を含む大小いくつかの島で形成されています。

アメリカ側にあるのは、幅330m・落差58mを誇るアメリカ滝とその隣にある幅15mのブライダルベール滝で、両方の滝を含む一帯が「ナイアガラ・フォールズ州立公園」となっています。一方のカナダ滝はそれよりも大きく、滝幅は驚きの675m。「Horseshoe Falls」の名の由来となった馬の蹄のような形が特徴です。

17世紀初期に発見されたナイアガラの滝は、18世紀に入る頃にはすでに観光地化され、この地域の主要産業として発展しました。1846年には、ナイアガラ観光の名物である遊覧船「霧の乙女号」が運航を開始。その後もナイアガラを楽しむためのアトラクションが次々と誕生し、訪れる観光客を魅了し続けています。

2.カナダ側の絶景ポイント「テーブルロック」

出典: borneolover/Shutterstock

「テーブルロック」は、テーブルのように張り出した岩場の上の展望台です。カナダ滝を真横から眺められる絶景スポットとして、常にたくさんの観光客で賑わっています。展望台にはしっかりと柵が張られていますが、滝が流れ落ちる迫力と轟音に圧倒され、吸い込まれそうな錯覚に陥ることがあるのだとか。風向きによってはびしょ濡れになるので、カメラなどの扱いには充分注意しましょう。

テーブルロックには、レストランとショップを備えた観光案内所「テーブルロック・ウェルカムセンター」があります。無料の地図やガイドブックが用意されているので、観光前に立ち寄っておくと良いかも。アトラクション「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」の受付もこちらで行っています。

3.真裏からも滝を楽しめちゃうずぶ濡れポイント

出典: avstraliavasin

正面や真横から滝を眺めるのも良いですが、せっかくなのでここでしか体験できないとっておきの観光を楽しんでみませんか?「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」は、なんとナイアガラの滝を裏側から眺められるというアトラクション。今からおよそ200年近くも昔の1832年に始まりました。

「テーブルロック・ウェルカムセンター」にある専用エレベーターで40m下まで降下し、トンネルを歩いて行くと、その先はもう滝の裏側。岩肌に開けられた大きな空間から眺める滝は、時速65kmのスピードで落下しているにもかかわらず、あまりの迫力にスローモーションに見える程なのだとか。夏場は外に設置されたデッキに出ることもできます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アメリカでおすすめの記事

アメリカのアクセスランキング