これを見ずして帰れない!モントリオールのシンボル「ノートルダム大聖堂」

画像出典:weifang

これを見ずして帰れない!モントリオールのシンボル「ノートルダム大聖堂」

ケベック州最大の都市モントリオールの旧市街に位置する「モントリオール・ノートルダム大聖堂」は、北米最大規模を誇るカトリック教会です。ネオ・ゴシック様式の荘厳な外観も見応えがありますが、驚くのはその内装。ブルーで統一された絢爛豪華な祭壇に金色の装飾が施された天井と柱、窓にはステンドグラスが輝くほか、立派なパイプオルガンが備えらたりととにかく見どころ満載です。この記事では、モントリオール・ノートルダム大聖堂の見どころについて詳しく解説していきます。

目次

これを見ずして帰れない!モントリオールのシンボル「ノートルダム大聖堂」

目次を閉じる

1.ノートルダム大聖堂の歴史

出典: Marc Bruxelle

モントリオール・ノートルダム大聖堂は、1672年にカトリック教会の聖スピルス会によって建設されました。建設当初は小さな教会でしたが、街が発展し教会が手狭になったため、19世紀初期に大聖堂の改築が行われることとなったのです。

1830年にメインの聖堂が出来あがると、続けて1841年に一つ目の塔が完成。1843年には二つ目の塔も完成し、北米最大規模を誇る教会としての歴史を歩み始めます。

出典: flowersandclassicalmusic

この時に設計を手掛けたのが、アメリカ人建築家のジェームズ・オドネルです。彼はヨーロッパで流行したゴシック・リヴァイヴァル建築を取り入れたことで知られているほか、このノートルダム大聖堂の地下聖堂に埋葬された唯一の人でもあります。

その後、1888年には大聖堂の真裏に「カナダ・サクレ・クール教会堂」が完成し、徐々に規模を拡大していったノートルダム大聖堂。1982年には、ヨハネ・パウロ2世によって「バシリカ」としての地位を認められています。

2.青い光に包まれた神秘的な祭壇

出典: jeffadl

青く輝く美しい祭壇こそがノートルダム大聖堂の最大の魅力でしょう。ライトアップされて輝く祭壇には金色の装飾が施されており、宗教画『イエスの磔刑』を立体的に表現しています。

中央で十字架にかけられるイエスの像を中心に、聖母マリアやマグダラのマリア、ヨハネなどの信者たちが配され厳かな雰囲気を漂わせています。

出典: I. Pilon/Shutterstock

ここで併せて見ておきたいのが約3万6千個もの星が輝く天井。一つ23カラットの金を使用したという星は、まるで本物さながらまばゆい光を放っています。コバルトブルーの祭壇と金色に輝く星とのコントラストは必見ですよ。

3.世界最大級のパイプオルガンは見逃せない

出典: SoumenNath

ノートルダム大聖堂には世界最大級のパイプオルガンがあります。19世紀末に設置されて以来、今もなお現役で活躍しているというこのパイプオルガン。6000本以上ものパイプを使用しているほか、一番長いパイプは10mにも及ぶというから驚きです。

この超巨大オルガンを見事に弾きこなしているのが、この道50年の大ベテランであるピア・グランドメゾン(Pierre Grandmaison)氏。教会で行われるミサや結婚式を中心に、年間400件以上もの仕事をこなしています。

彼の弾くオルガンを聴くだけでもノートルダム大聖堂を訪れる価値はありますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

モントリオールでおすすめの記事

モントリオールのアクセスランキング