ホノルルのダウンタウン、イオラニ宮殿でハワイ王国と歴史と文化を体感!

画像出典:tabiphoto / PIXTA(ピクスタ)

ホノルルのダウンタウン、イオラニ宮殿でハワイ王国と歴史と文化を体感!

ハワイ諸島は1900年にアメリカ合衆国の50番目に登録された州です。アメリカの領土となる前の約100年間は、「ハワイ王国」として栄えていました。オアフ島のホノルルには、王国時代に宮殿として使われていた「イオラニ宮殿」が現存しています。イオラニ宮殿はアメリカ国内に唯一現存する宮殿として、歴史的にもとても貴重な建造物です。今回はそんなイオラニ宮殿にスポットを当て、観光のポイントを紹介します。

目次

ホノルルのダウンタウン、イオラニ宮殿でハワイ王国と歴史と文化を体感!

目次を閉じる

1. イオラニ宮殿とは?歴史と見どころを紹介

出典: tabiphoto / PIXTA(ピクスタ)

1778年、イギリスの探検家ジェームズ・クックによって発見されたハワイ諸島。その頃から先住民たちの間では、「ハワイ」という地名が定着していました。ハワイ諸島の政治は大族長により島単位で行われていましたが、内戦によって「カメハメハ大王」がハワイ島を統一。1795年に「ハワイ王国」が誕生したのです。

イオラニ宮殿が建立されたのは7代目の王「カラカウア王」の時代で、1882年に宮殿が完成しました。カラカウア王とカピオラニ王妃らが宮廷として使用していたイオラニ宮殿は、当時では珍しく電気設備が完備され、豪華絢爛な造りだったと言われています。

出典: NOBU / PIXTA(ピクスタ)

現在は王家を継承したカワナナコア家の一族が中心となり、管理されているイオラニ宮殿は、2007年に大規模な改修が行われました。毎週日曜日を除く毎日、宮殿を巡るツアー(英語・日本語)が開催されています。宮殿内の展示ギャラリーにはハワイ王国時代に使われていた家具や食器類に加え、ハワイ王国の宝物が展示。当時の室内の様子を再現したお部屋などは豪華で見ごたえたっぷりですよ。

2. 宮殿の外の見どころ

出典: ハワイ★ジャンキー / PIXTA(ピクスタ)

イオラニ宮殿はオアフ島の人気観光スポットです。内部はもちろんですが、見どころは館内だけではありません。宮殿外の広い芝生の庭園はハワイ王国当時の雰囲気を残していて、庭園から眺める宮殿のアメリカ・フィレンツェ様式で建てられた豪華な外観もとても魅力的です。

庭園にはハワイ王国の王族たちが眠る霊廟やカメハメハ大王の像、クック船長のモニュメントやカピオラニ王妃によって植樹された木々など、見どころが詰まっています。緑あふれる庭園はとても清々しく、宮殿見学の合間にのんびりと休憩しても気持ちが良いですよ。ハワイの歴史を感じつつのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

3. イオラニ宮殿のガイドツアーについて

出典: シギリヤボーイ / PIXTA(ピクスタ)

イオラニ宮殿のガイドツアーは日曜日を除く毎日開催され、英語でのツアーが主となります。英語ガイドツアーは毎日朝9時から夕方16時までの間、15分単位で行われていますが、英語が苦手な方は日本語ガイドのツアーに申し込むことをおすすめします。

日本語ガイドツアーは毎週月曜日と金曜日の11時半から約45分間の開催となり、人数制限があるので予約が必要です。ガイドツアー料金は13歳以上の大人が$21.75、5歳から12歳のお子様が$6となっています。

出典: 未来 / PIXTA(ピクスタ)

また、ガイド付きではなくオーディオ機材を使用し、自身で宮殿内を巡る「オーディオツアー」もあり、このツアー料金は大人$14.75となります(子ども料金はガイドツアーと同額)。オーディオツアーは日本語の解説も聞くことができるので、時間に縛られずに自由に見学をしたい方にはおすすめです。オーディオツアーについても事前予約が必要となります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ホノルルでおすすめの記事

ホノルルのアクセスランキング