池間大橋を宮古ブルーの海を見ながら車・自転車・徒歩で渡ろう|宮古島観光

画像出典:www.shutterstock.com

南国リゾート宮古島の池間大橋は、絶景すぎる橋として宮古島の外せない観光スポットになっています。宮古島の海は、「宮古ブルー」と呼ばれる目の覚めるようなブルーと、浅瀬は透き通った白とエメラルドグリーンのグラデーション!中央部分が少し盛り上がった造形の美しさも魅力。そんな池間大橋をレンタカーで、自転車で、歩いて渡ってみませんか?ここではオススメの展望スポットや、橋周辺の情報も併せて掘り下げて見ていきましょう。

[x] 閉じる

池間大橋を宮古ブルーの海を見ながら車・自転車・徒歩で渡ろう|宮古島観光:目次

1.離島と橋:宮古島はレンタカーがおすすめ

出典:yasushi uesugi / PIXTA(ピクスタ)

離島・宮古島には鉄道が走っていません。タクシーやバスはありますが、島内を効率よく、快適で気ままに観光するのなら、オススメはやっぱりレンタカー!

宮古島は、周辺離島である池間島、来間島(くりまじま)、伊良部島(いらぶじま)との間を結ぶ長い橋が架かっているのが特徴です。船を使わなくても離島と往来できる上、宮古島に架かる3つの橋はすべて通行無料。このことから、周辺の島々を観光するという意味でもレンタカーは非常に便利なんです。さらに、絶景の橋を走る時の爽快感がたまりません!宮古島を訪れたならぜひ、絶景の橋をドライブで楽しみましょう。

2.宮古島の最北端に架かる「池間大橋」

出典:Katsuya Noguchi / PIXTA(ピクスタ)

池間島は、宮古島の北に浮かぶ離島です。その池間島と宮古島を結ぶ全長1,425mの橋が「池間大橋」。宮古島には池間大橋の他に伊良部大橋・来間大橋と、長く美しい橋が合わせて3つありますが、その中でも池間大橋は一番の絶景が見られる橋として、年間を通して多くの観光客が訪れています。

橋の周辺には展望所や売店などの施設があり、展望所からの景色は「THE・宮古島」というイメージどおりの絶景!いつまで見ていても飽きることがありません。

3.宮古島側:池間大橋を渡る前の眺望スポット

池間大橋を渡る前に、池間大橋手前の駐車場に立ち寄ってみてください。宮古島から池間大橋を渡る手前には、気づきにくいのですが実はもう1つ小さな橋があります。それが世渡(せど)橋。世渡橋を渡ってもう少し走ると、池間大橋へさしかかります。

その池間大橋すぐ手前、右手に見える小さな建物と駐車場が、ここでおすすめする場所です。往路でなくても、池間島への往復どちらかにぜひ寄ってみてください。午前中は池間島側から海を見ると逆光になるので、写真を撮影するなら宮古島側のこの駐車場がおすすめですよ。

出典:T2 / PIXTA(ピクスタ)

この駐車場は、池間大橋を真横や下からも眺望できる展望スポット。そして、橋の左右は美しい宮古の海。階段を降りて、海のすぐそばまで歩いて行けます。

出典:7maru / PIXTA

さらに、駐車場東側の海も、溜息が出るほどの美しい景色!この世のものとは思えない、眩いばかりのブルーの海が広がっています。

4.レンタカーで渡り、海の上を爽快ドライブ!

出典:www.shutterstock.com

さて、いよいよ池間大橋を車で渡ってみましょう!橋の他は遮るものの何もない海です。まるで海の上をドライブしているかのような最高な気分になれますよ。宮古島の海の中でも特に透明度の高いエリアなのでついつい見とれてしまいそうになりますが、運転中はしっかりと前を見て安全運転をしてくださいね。橋を渡り切ったあとにも絶景が待っているのでお楽しみに!

5.自転車で走ってみよう!

出典:yasushi uesugi / PIXTA(ピクスタ)

自動車の運転免許を持っていない方や、海風に当たりながら景色を満喫したい方は、レンタサイクルで走ってみませんか?池間大橋をはじめ、宮古島に架かる橋は自転車でも通行できます。風にふかれながら橋を渡るのはとても気持ちがいいですよ。

6.歩いて渡り、宮古ブルーの海を堪能し尽くす!

出典:yasushi uesugi / PIXTA(ピクスタ)

車で渡ってしまうとあっという間の橋も、歩いて渡ればのんびりと心ゆくまで絶景を楽しめます。およそ1.4kmの橋は、ゆっくりと歩いても30分ほどで池間島に到着できます。歩いて渡れば、宮古ブルーの海を撮影し放題!

そして池間島は小さな島なので、2時間ほどあれば徒歩で島を一周クルッとまわれちゃいます。車に乗っていたら気付かないで通り過ぎてしまうような景色に出会えるかもしれません。時間に余裕のある方は、歩いて散策するのもおすすめです。

7.渡ってすぐ右手、ドライブイン「海美来」展望台からの絶景

宮古島から池間大橋を渡ってすぐ右手に、海鮮丼、軽食、カフェなどの店舗が複数並ぶ駐車場エリアがあります。

最も橋に近い場所にあるピンク色の建物は「海美来(かいみーる)」。マンゴージュース、宮古そばやサザエつぼ焼きなどの軽食と、お土産などを販売しています。海美来の2階と屋上が抜群の展望所になっているので、購入したドリンクなどを持って上がらせてもらいましょう。

出典:Naima / PIXTA

ここから池間大橋を望む景色は最高の眺め。まずは池間島の入り口で絶景を楽しんでください。

8.ビーチへ下りて、のんびり眺める

橋の上や展望所からの眺めも良いですが、間近で見る宮古の海もステキ。駐車場から歩いて池間大橋すぐそばのビーチへ下りてみましょう。

目の前に広がる海の色は、何ともキレイなグラデーション。写真では伝えきれない時を忘れる美しさです。離島ではせかせかと観光をするのではなく、ゆっくりと海を眺めながらのんびりと島時間を過ごすのがおすすめですよ。

9.西平安名崎「池間大橋展望台」からの景色

宮古島の北西端に位置する西平安名崎(にしへんなざき)を先端へ向かって走っていると、大きな風車が見えてきます。ここは、3基の風車が目印の「池間大橋展望台」。並んだ風車はフォトジェニックなので、美しすぎる海と一緒にカメラにおさめてみてください。

西平安名崎は、東に池間大橋を見渡せるロケーションにあります。展望台屋上からの眺めは抜群!エメラルドグリーンと宮古ブルーの海の向こうに池間島と池間大橋、風車側には今走ってきた細長くのびる西平安名崎、南西には伊良部島と、360度パノラマを一望できます。

◎最後に:「伊良部大橋」「来間大橋」も渡ってみよう

出典:www.shutterstock.com

宮古島最大の離島である伊良部島に架かる「伊良部大橋」は、全長約3540mと国内で最も長い橋です。2015年に開通した美しい橋で、カーブやアップダウンする姿が印象的。伊良部大橋も、池間大橋に負けないほど人気があります。

出典:chokoneta / PIXTA(ピクスタ)

南西部の来間島に架かる「来間大橋」もステキ!来間島側の来間大橋展望台からは橋が大きく、竜宮城展望台からは宮古島東急ホテル&リゾーツや前浜ビーチを対面に見ることができます。

伊良部大橋や来間大橋から見る宮古ブルーの海も、もちろん絶景。せっかく宮古島を訪れたなら、海の上に架かる3つの橋を全部渡り、感動を覚える美しさを体感しましょう。もちろん、渡った先の離島にも、それぞれ違ったステキな魅力がありますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

宮古島でおすすめの記事

宮古島のアクセスランキング