アンバサダーホテルワイキキに泊まった感想!設備や周辺情報をご紹介!

アンバサダーホテルワイキキに泊まった感想!設備や周辺情報をご紹介!

ワイキキの北部にあるリーズナブルなホテルとして人気の「アンバサダー ホテル ワイキキ」。ワイキキのメインストリート「カラカウア通り」やアラモアナショッピングセンターにも徒歩圏内にあるので、ランチやショッピング、観光にも便利です。今回は、アンバサダー ホテル ワイキキに3泊してわかった客室の設備や周辺のコンビニ、スーパーなど知っておくと便利な情報をご紹介します!

目次

アンバサダーホテルワイキキに泊まった感想!設備や周辺情報をご紹介!

目次を閉じる

1. アンバサダー ホテル ワイキキとは?

アンバサダー ホテル ワイキキは、1968年にオープンした19階建てのホテルです。客室数は300以上あり、2014年に改装されましたが造りは古め。リーズナブルな価格で泊まれるのが魅力です。シーズンにもより異なりますが、実際に行った6月では1泊15,000円前後で宿泊できました。周辺のホテルよりは安く泊まれます。

また宿泊代とは別にリゾートフィーが必要で、一室一泊につき25ドル(税別)かかります。無料Wi-Fi接続や自転車のレンタル(先着10台まで最初の2時間は無料)、エコ・ペットボトルがもらえるサービスなどがあるので詳しくはホームページをチェックしてみてくださいね。

2. フロント

ホテルへの入口は、2つあり奥の方へ行くとフロントがあります。チェックインは15:00~ですが、お昼頃に到着したのでスーツケースと手荷物1点を預け控えの番号札をもらいました。スーツケースは部屋に持って行って下さっていたので、チェックインの時は手荷物だけ受け取りました。フロントには、2~3名いて日本語が話せる方と話せない方がいます。私は英語は喋れませんが、日本語が話せない方でも何となく通じました。ツインの場合は、どちらか一人のクレジットカードが必要で保証金として100ドル必要です。

ホテル1階のロビーです。それほど広くはありませんが、ゆっくり過ごせます。

デスクは、2箇所あります。周辺の観光情報が書かれたマップなども置いてありました。

車で来た時は、こちら側から入ります。

部屋のカードキーです。モーニングコールやフロントデスク、ハウスキーピングの番号がなど日本語で書かれているので安心。部屋は、15階でした。

3. エレベーターから客室

エレベーターは、フロントの奥に3台ありますが一番左側のエレベーターは故障中で使えませんでした。3泊しましたが、2台のみだったのでかなり待つこともありました。

エレベーターに乗る前には、黒い丸の部分に部屋のカードキーをあててから下のボタンを押します。

かなり年季の入ったエレベーターなので、動くと音がして止まる時や動き出す時の振動が大きく驚きました。

15階に到着!エレベーターホール前には階数が書かれています。

15階のエレベーターホール前。

部屋に向かう通路は、外になります。通路の柵の高さが少し含めなので、お子様連れの方は注意をした方が良いかもしれません。

通路からも奥の方に海が見えます。

ビルも多いですが、ハワイらしい雰囲気です。

入る時は、取っ手の上の丸い部分にカードキーをあてます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ホノルルでおすすめの記事

ホノルルのアクセスランキング