デザイン空間が魅力の京都駅ビルで観光・文化・ショッピング・グルメを満喫

画像出典:akiko / PIXTA(ピクスタ)

デザイン空間が魅力の京都駅ビルで観光・文化・ショッピング・グルメを満喫

京都駅直結の「京都駅ビル」は、”京都は歴史の門である”というコンセプトに基づく現代アートのようなデザインで注目の大型複合商業施設。施設内にはレストランやカフェ、劇場、美術館、ホテル、ショッピングスポット、外貨両替所など必要かつ魅力的な要素がギュッと詰まっています。京都の観光スポットとしてもオススメしたい京都駅ビルの見所と魅力をたっぷりご紹介します。

目次

デザイン空間が魅力の京都駅ビルで観光・文化・ショッピング・グルメを満喫

目次を閉じる

京都駅、京都駅ビルについて

出典: gandhi / PIXTA(ピクスタ)

京都市街地の南部中央に位置する京都駅は、JRの東海道・山陽新幹線と在来線、京都市地下鉄、近畿日本鉄道(近鉄)のターミナル駅。

新幹線を降りればすぐにJR在来線や地下鉄、近鉄に乗り換えられるほか、北側の中央口前には市バスや京都バスの広いバスターミナル、タクシー乗り場があってアクセスが非常に便利です。

京都駅の北側と南側は、南北自由通路や地下自由通路で結ばれています。

至る所に広場や遊歩道が点在。

出典: ja.wikipedia.org

階段やエスカレーターは機能的な面だけでなく、空間デザインにおいても欠かせない存在感を放っています。

そんな京都の玄関口である京都駅ビルのイベント情報、歩いてみたいスポットや見てみたい施設、ショップ、案内所、アクセスなど、オトクな情報を交えてご案内しましょう。

1.大階段

出典: Nullumayulife

京都駅ビル内には、有名な大階段があります。この大階段では、毎日17:00~22:00まで、約30mの高低差と171段の階段を利用して「大階段グラフィカルイルミネーション」を実施。四季折々の京都にちなんだプログラム、ハロウィンやクリスマスなどその時期に合わせたデザインを音楽と連動して演出。約15,000個ものLEDで彩ります。

※冬季は15:00~22:00まで実施しています。最新の情報や詳細は公式ページでご確認ください。

さらに、その大きさから様々なイベントも開催されています。なかでも、1998年(平成10年)から毎年2月に開催される「JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会」は、エントリーした選手が171段の階段を駆け上がるタイムレース。新記録の瞬間を一目見ようと、毎年多くの市民や観光客でにぎわいます。

今までの記録は、大階段の上部に掲示されます。あなたも大階段駆け上がりの記録を刻んでみませんか?

2.空中径路

出典: Bull / PIXTA(ピクスタ)

中央口側から京都駅ビルに入ると、開放的な空間が広がっています。視線を上に移すと、天井を1本のラインが走っています。一見、点検用通路のようにも見えますが、実は一般の人も通ることができる遊歩道。これが地上高約45m、長さ約147mに及ぶ人気の「空中径路」です。

空中径路の入口は、西ビルと東広場。10:00~22:00まで無料で通行できます。

出典: すぎゃ / PIXTA(ピクスタ)

京都駅ビル最上部の複雑に入り組んだ綺麗な鉄骨の中を歩き、3か所の展望所から京都の名所や遠くの山々を一望できます。

案内板が設置されているので、京都観光の前に位置関係や全体像を把握する場所としてもオススメですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング