桜・紅葉名所「京都御苑」を歩いて観光。通年公開の京都御所と京都迎賓館へ

画像出典:farmer / PIXTA(ピクスタ)

桜・紅葉名所「京都御苑」を歩いて観光。通年公開の京都御所と京都迎賓館へ

京都市街地の中央部に位置する「京都御苑」は、桜や紅葉の名所として京都市民や観光客の憩いの公園。京都御苑の門は24時間開放されているので、早朝でも自由に散歩することができます。この広大なエリアは散策観光にピッタリなだけでなく、江戸時代まで天皇や公家などの屋敷が建っていた京都御所、仙洞御所、京都迎賓館や蛤御門といった観光スポットも見逃せません!今回は京都御苑の特徴や見どころ、アクセス、駐車場情報などをご紹介します。

目次

桜・紅葉名所「京都御苑」を歩いて観光。通年公開の京都御所と京都迎賓館へ

目次を閉じる

1.京都御苑、京都御所とは

出典: Nori / PIXTA(ピクスタ)

今出川通りから丸太町通りまで続く広大な「京都御苑」は、江戸時代まで御所(皇居)や公家などの屋敷が建っていたエリアです。でも実は、御所はもともとこの場所にはありませんでした。794年の平安遷都時は、現在の千本通りである朱雀大路(すざくおおじ)に建てられましたが、火災で移転。現在の場所を仮り住まいとしたまま、1869年(明治2年)に東京へ遷都するまで、この場所に定着しました。その後、京都御苑にあった多くの屋敷は取り壊され、国民庭園として整備され現在に至ります。

出典: kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

春には桜、秋には紅葉の名所としても知られており、四季折々の風景を楽しみながら自由に散策できるのが京都御苑の魅力。天皇が暮らしていた京都御所や仙洞御所に入場観光し、「蛤御門の変」で知られる蛤御門など、歴史スポットもチェックしてみてください。

2.「京都御所」は事前申し込み不要で、通年一般公開!

出典: KAZE / PIXTA(ピクスタ)

京都御苑の中心から北部分、築地塀に囲まれている場所が「京都御所」です。1331年(元弘元年)から明治に東京の皇居に移られるまで、代々の天皇が住まわれていました。この地でも京都御所の内裏は何度も焼失しており、現存する内裏は1855年(安政2年)に建造された建物です。築地塀には皇后門・清所門・宜秋門(ぎしゅうもん)・建礼門・建春門・朔平門(さくへいもん)という6つの門があります。

2016年7月まで、京都御所を拝観するには事前申し込みが必要でした。しかし今は通年一般公開しているので、参観休止日以外はいつでも自由に拝観できるのがうれしいポイント。西側の清所門で手荷物検査を受けて入場観光してみましょう!

出典: ja.wikipedia.org

御車寄(みくるまよせ)から、建礼門、紫宸殿(ししんでん)、小御所(こごしょ)、御常御殿(おつねごてん)など、多くの見どころをゆっくり回れます。

出典: ja.wikipedia.org

御池庭や御内庭など、落ち着いた庭は癒されますよ。約50分のガイドツアーも実施しているので、京都御所について詳しく知りたい方は利用するのもおすすめ。開始時間までに参観者休所に行けば、予約なしで参加できます。

※月曜日と年末年始は拝観休止日になっています。それ以外にも、行事などによって参観できない日が決まっているので、公式ページで事前にスケジュールを確認しておきましょう。
▶京都御所 参観について

3.「京都仙洞御所」は予約、または当日枠で拝観しよう

出典: www.shutterstock.com

「仙洞御所(せんとうごしょ)」は、後水尾(ごみずのお)天皇が上皇になった時に造られました。2019年5月1日、令和への改元を機に「京都仙洞御所」と改称。庭園や茶室などが見どころなので、こちらもぜひ拝観してみましょう。

京都仙洞御所を入場観光したい場合には、事前に郵送かインターネットなどで予約をしておくと安心ですが、当日枠も設けられています。急に行けることになった時には、予約していなくても窓口へ行ってみてください。11時頃から先着順に整理券を配布しています。

とにかく広い京都御苑。時間調整をしながら御所など京都御苑内を観光するのがオススメですが、所定の時間に遅れないよう注意してくださいね。

※予約は3か月前から受付開始。参観可能日や開始時間、詳しい予約方法は、公式参観申込ページを確認してください。
※所要時間は約60分。
※月曜日、年末年始のほか、休止日もあります。
▶京都仙洞御所 参観について

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング