2019年開催!瀬戸内国際芸術祭で島めぐり~直島編~

2019年開催!瀬戸内国際芸術祭で島めぐり~直島編~

3年に一度、高松や瀬戸内の島々を舞台に開催される瀬戸内国際芸術祭。海外でも訪れるべき場所に選ばれた”瀬戸内”の恵まれた自然と穏やかな気候を活かし、地域のつながりを大切にした一大イベントです。

5月の連休明け、快晴という最高のコンディションで直島、男木島、女木島を船で巡りました。そこには美術文化による地域づくり、確かな人々の輪を感じることができ、都会から訪れた私は心から癒されました。

実際に瀬戸内国際芸術祭を巡ったプラン、見どころをご紹介します。

▶ 今すぐ直島行きフェリーを比較・予約!

目次

2019年開催!瀬戸内国際芸術祭で島めぐり~直島編~

目次を閉じる

1. 神戸からジャンボフェリーで直島へ

瀬戸内国際芸術祭の会期中の土日、祝日に運航しているジャンボフェリーの直島ラインに乗船しました。神戸三宮港の深夜1時発、三宮駅から連絡バス(有料)が運航しているのでバスで神戸三宮フェリーターミナルへ向かいます。

神戸から小豆島行きのジャンボフェリー乗船記はこちら↓

▶神戸からジャンボフェリーで小豆島へ!瀬戸内国際芸術祭への行き方

今回は神戸から小豆島へ、そして小豆島で下船をして高速船に乗り換えます。

朝7時ごろ小豆島に到着しました。静かな小豆島の朝。下船するとホトトギスの鳴き声が聞こえなんともすがすがしい朝を迎えることができました。直島行きの高速船の乗り場は、小豆島のジャンボフェリー待合所からすぐ。高速船が出発するまで乗り場付近で待ちます。

天井にコンセント差込口もついているので充電も可能です。黒皮のシートはクッション性もありとっても快適!心配だった揺れも気になりませんでした。瀬戸内の海は穏やかで波も少ないので船旅に最適です。

2. 現代アートの聖地 直島

瀬戸内国際芸術祭の開催地の中でも「現代アートの聖地」として知名度が最も高い直島。23のアートスポットが点在しています。一番有名な草間彌生の赤かぼちゃ。こちらの写真を見たことある方は少なくないのではないでしょうか。

ジャンボフェリーの高速船が到着するのは直島の本村港。朝の8時頃直島に到着しました。

◆ 作品No. na09 直島港ターミナル

まず直島に到着して目に入るのがこの直島港ターミナル。直径4mの球体が13個積み上げられた建物。一見するともこもこして可愛らしい様子です。島に訪れた人を出迎え、そして乗船前の人々の待合所になっています。ベンチや自転車置き場もありますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の直島町行き格安航空券

直島町でおすすめの記事

直島町のアクセスランキング