岡山から小豆島観光へ!有名デザイナー監修のフェリーでお洒落な旅を

岡山から小豆島観光へ!有名デザイナー監修のフェリーでお洒落な旅を

穏やかな瀬戸内海に浮かぶ小豆島。美しい風景と温暖な気候に恵まれ、日本のエーゲ海と称されることもしばしばです。また多くの映画やドラマのロケ地にもなっていて、ロケ地巡りの観光も人気!小豆島には本州や四国と繋がる橋も空港もないので、旅をするにはフェリーの利用が必須になります。せっかく旅をするなら有名デザイナー監修のフェリーに乗ってみませんか?今回は岡山の新岡山港から小豆島の土庄港(とのしょうこう)まで、両備フェリーが運航する「おりんぴあどりーむ」で旅をしました。これから旅の詳細をお送りしますので、どうぞ最後までご覧ください!

▶新岡山港(岡山県)発 小豆島 土庄港(香川県)行きの格安フェリー料金比較・予約

▶小豆島を満喫できるスポット6選!日本のオリーブ栽培発祥の地

目次

岡山から小豆島観光へ!有名デザイナー監修のフェリーでお洒落な旅を

目次を閉じる

1. フェリー「おりんぴあどりーむ」について

出典: YB1998 / PIXTA(ピクスタ)

1964年に両備運輸が東京オリンピック開催日に小豆島へ就航。また小豆島はオリンッピク発祥の地オリンピアのあるギリシャ・ミロス島と姉妹島です。このようなことに由来し、就航するフェリーには全て「オリンピア」がつけられています。

そしておりんぴあどりーむのデザインを手がけたのは、岡山市出身の日本を代表するデザイナー水戸岡鋭治氏!日本初のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」をはじめ、数々の鉄道やバスなどのデザインで話題を呼んでいます。おりんぴあどりーむはその水戸岡氏がトータルデザインしたフェリー。バリアフリー法に基づいた設計や機能性はもちろんのこと、豪華客船のような外観と洗練された船内が特徴です。

▶新岡山港(岡山県)発 小豆島 土庄港(香川県)行きの格安フェリー料金比較・予約

2. 岡山駅周辺・新岡山港へのアクセス

◆ 岡山駅周辺

まず羽田空港から飛行機で岡山空港へ。空港からはバスでJR岡山駅西口に到着です。今回の小豆島行きのフェリー旅は岡山駅が起点になります。

岡山といえば桃太郎!JR岡山駅の東口広場に、イヌ、サル、キジを従えた銅像が力強く立っています。

東口駅前はとても大きなバスターミナルになっていました。写真に入りきれません!

◆ 新岡山港へのアクセス

JR岡山駅から新岡山港まではバス1本で約35~40分。両備フェリーのHPにバスとフェリーの乗り継ぎ時刻表が掲載されていますよ。まずは後楽園がある方向の東口へ。すぐ駅前にある岡山東口バスターミナルの1番乗り場を目指します。

写真は東口の階段を下りたところです。このまま直進すると、

左側に「バス総合案内所」があります。こちらでバスとフェリーのチケットがセットでお得な「かもめバスきっぷ」を購入しました。駅からバスを利用するなら、割引き価格なので断然おすすめです!

「かもめバスきっぷ」 小豆島(土庄港)~新岡山港~岡山駅

片道料金(大人):バス490円+フェリー1,050円=1,300円
(バス・フェリーを別に購入した場合:バス490円+フェリー1,050円=1,540円)

(※料金は2019年4月現在のものです)

バス総合案内所を左側へ曲がり進んで行くと、1番乗り場があります。ビックカメラが目印になりますよ!

新岡山港へのバスは天満屋(てんまや)経由と岡山大学医学部経由の2系統ありますが、ともに終点の停留所。バス停には電子掲示板もあるのでとてもわかりやすいです。

新岡山港行きのバスが来たので乗車します!

3. 新岡山港周辺の様子

バスを降りるとフェリー乗り場にはすでに「おりんぴあどりーむ」が停泊していました。岡山の新岡山港から小豆島の土庄港まで約70分。両備フェリーでは新岡山港と土庄港を1日12便(6時~18時台)複数のフェリーが運行していて、そのうちの1隻がおりんぴあどりーむです。

新岡山港は海辺に似合う白い木造建屋でとてもお洒落!こちらは道路側から見た写真です。

海側にはベンチが置かれていて解放感たっぷり!出航までこちらで過ごすのもいいですよ。

窓口では出航時刻30分前からチケット販売が開始されますが、人のみと自転車・バイク利用者向けに券売機もあります。乗船時にチケットを見せるのみで、乗船申込書の記入など特別な乗船手続きは不要です。

車を利用する場合はチケット販売窓口で車検証のご提示をお忘れなく。また2019年4月から車両の予約受付(電話/WEB)が可能になりました。乗船改札は出航時刻の10分前から。出航時刻30分前までには着くようにしましょう。GWや連休などの繁忙期には早めの到着をおすすめします。

<旅客運賃>
大人(中学生以上)1,050円
小人(小学生)530円

(※料金は2019年4月現在のものです)

自転車で乗船するなら「せとうちサイクルーズPass」がおすすめ!フェリーの乗船料が割引きになってお得ですよ。サイクリング観光も楽しめる小豆島。香川県観光協会から観光スポットやグルメが記載された、「小豆島一周サイクリングマップ」が発行されていていますよ。

港には約60台駐車できる有料駐車場もあります。

近隣で立ち寄れるスポットとしては、新岡山港の北東徒歩5分ほどのところに「新岡山港 市民の森」があります。散策路や広場があるので、早めに着いた時やお子様連れにもおすすめです。桜の木がたくさんあったので、開花シーズンには乗船前に花を楽しめるかもしれませんね!

▶新岡山港(岡山県)発 小豆島 土庄港(香川県)行きの格安フェリー料金比較・予約

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

小豆島町でおすすめの記事

小豆島町のアクセスランキング