小豆島を満喫できるスポット6選!日本のオリーブ栽培発祥の地

画像出典:もっちゃん/PIXTA(ピクスタ)

小説『二十四の瞳』の舞台としても広く知られている小豆島は、瀬戸内海に浮かぶ自然豊かな島です。香川県の名産品である佃煮やそうめん、醤油は、いずれもこの小豆島で盛んに製造されており、日本で初めて栽培に成功したオリーブに関しては、国内生産量で第1位を誇っています。今回は、小豆島の中でも2006年に誕生した小豆島町にスポットを当てて、その魅力をご紹介していきましょう。

[x] 閉じる

小豆島を満喫できるスポット6選!日本のオリーブ栽培発祥の地:目次

1.寒霞渓

出典: 関西ペイント前 /PIXTA(ピクスタ)

小豆島の紅葉の名所「寒霞渓(かんかけい)」は、日本三大渓谷美の一つにも選ばれている景勝地です。およそ1300万年前の火山活動によって形成されたという奇岩群は、静かな瀬戸内海に佇む小豆島とは思えないほど荒々しく壮大な景観を作り出しています。

最も人気のシーズンは紅葉が美しい秋ですが、色とりどりの花に彩られる春や新緑の香り漂う夏、雪に覆われる冬もおすすめ。一年を通して様々な表情を見せてくれるので、何度も訪れるリピーターが多いそうです。頂上から眺める瀬戸内海も格別ですよ。

頂上へと続くロープウェイは年中無休で運行しており、自転車やペットを持ち込むこともできます。ロープウェイで登ってハイキングをしながら下山、なんていう楽しみ方も良いかもしれませんね。天候によっては運転を見合わせる場合もあるので、事前にホームページで確認することをおすすめします。

2.二十四の瞳映画村

出典: PJ/PIXTA(ピクスタ)

今まで二度にわたって映画化された、小豆島出身の作家・壺井栄の代表作『二十四の瞳』。そのロケ用セットを改装した施設が「二十四の瞳映画村」です。昭和初期のノスタルジックな雰囲気漂う村には、実際に映画で使用されたセットはもちろんのこと、映画にちなんだ見どころがたくさんあります。

「ギャラリー松竹座」では、一日3回にわたって映画『二十四の瞳』を上映。これは1954年に公開された最初の作品なので、ぜひこの機会に観ておきましょう。「壺井栄文学館」では、作者・壺井栄が残した作品の原稿や私物などを展示しているほか、かつて住んでいた東京の自宅を再現したものを通して当時の生活を垣間見ることができます。

他にもパワースポットとして有名な「二十四の瞳天満宮」や、昔懐かしの給食を味わえるカフェなど面白スポットが満載です。きっとお子様から年配の方まで、楽しめること間違いなしですよ。

3.小豆島オリーブ公園

出典: PJ/PIXTA(ピクスタ)

若緑の小高い丘にそびえる白い風車と、そこから見渡す真っ青な瀬戸内海。そのコントラストはとても美しく、まるで外国に来たような不思議な気分にさせてくれます。そんな素敵な体験ができる「小豆島オリーブ公園」は、小豆島のシンボルである海とオリーブを満喫できる人気観光スポットです。

キャンプに温泉、お食事、ショッピング、アクティビティ、観光と何でも揃っているので、どれから楽しもうか迷ってしまいそうですよね。園内は、栽培の歴史を学べる記念館やオイルの搾油作業を見学できる施設、世界中のオリーブを集めた遊歩道と、とにかくオリーブ尽くしです。

実はこの小豆島オリーブ公園、2014年公開の映画『魔女の宅急便』のロケ地としても使われているんですよ。ロケセットは、映画の世界観を残したまま雑貨店として営業しており、ハーブティーを味わいながら可愛らしいアクセサリーを購入することができます。ジブリファンはお見逃しなく!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

小豆島町でおすすめの記事

小豆島町のアクセスランキング