金閣寺「北山鹿苑寺」の歴史と観光ポイント|参拝券、庭園、茶所、アクセス

画像出典:うっちー / PIXTA(ピクスタ)

金閣寺「北山鹿苑寺」の歴史と観光ポイント|参拝券、庭園、茶所、アクセス

京都市街地の北西部、左大文字の麓に位置する世界文化遺産の「金閣寺」は、京都を代表する観光スポット。煌びやかで雅な金閣寺は世界的に大人気で、多くの観光客や参拝客が訪れます。

金閣寺として有名ですが、正式名称は「鹿苑寺(ろくおんじ)」。なぜ正式名称と一般的な名称が違うのか気になりますよね。それは金閣の歴史を知れば納得します。今回は金閣寺の見所、参拝券、茶所情報、アクセスなどについてご紹介します。

目次

金閣寺「北山鹿苑寺」の歴史と観光ポイント|参拝券、庭園、茶所、アクセス

目次を閉じる

1.「金閣寺(鹿苑寺)」の歴史と名前の由来

金閣寺(鹿苑寺)

出典: www.shutterstock.com

室町幕府3代将軍・足利義満は、1397年(応永4年)に別荘の北山山荘を造営。51歳で他界するまでここに住んでいましたが、義満公の遺言に則り、夢窓国師が開山して禅寺となりました。

寺名は義満公の法号である鹿苑院から名付けられたため、正式名は「鹿苑寺」。いわゆる煌びやかな金閣は、鹿苑寺の舎利殿です。この時代は中国との盛んな貿易で文化が発展。北山文化が花開き、金閣は北山文化のシンボルとなっています。

金閣は、11年間も続いた「応仁の乱」による戦火でも焼失を免れました。しかし1950年(昭和25年)7月2日、三島由紀夫や水上勉の小説にも描かれた金閣寺放火事件により焼失!昭和27年から再建に着手し、昭和30年に落慶したのが現在の金閣です。

2.金閣寺は、臨済宗相国寺派の禅寺だった!

臨済宗相国寺

出典: commons.wikimedia.org

金閣寺の宗派は、初祖達磨大師が中国に伝えた禅宗を起源とする「臨済宗相国寺(しょうこくじ)派」。臨済宗は、正法とされるお釈迦さまの教えを受け継いだ宗派です。

あまり知られていませんが、金閣寺は相国寺の山外塔頭寺院なんですよ。金閣寺の本山である相国寺は、臨済宗相国寺派の大本山。京都五山第二位の名刹で、京都御苑の北にあります。金閣寺と同じく銀閣寺も相国寺の山外塔頭寺院であるため、相国寺の僧侶が任期制で金閣寺や銀閣寺を運営しています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の京都市行き格安航空券

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング